この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

木枯らし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木枯らし(こがらし)とは、日本の太平洋側地域において晩秋から初冬の間に吹く風速8m/s以上の北寄り(北から西北西)ののことで、冬型の気圧配置になったことを示す現象である。とも表記する。

日本の気象庁による定義

日本の気象庁では10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置になった時、北よりの風速8m/s以上の風が吹くとその風を「木枯らし」と認定する。そして毎秋最初の木枯らしを木枯らし一号(こがらしいちごう)として発表する。関東地方における1992年から2001年の10年間の平均では11月7日頃である。「木枯らし二号」や「木枯らし三号」もあり得るが、発表は行われない。なお「木枯らし一号」は関東地方(東京)と近畿地方(大阪)でしか発表されない。

仕組み

ユーラシア大陸から日本に向かって吹いてくる冬の季節風日本海を渡る時に水分を含む。そして一般に日本列島の中央部には連山があるために、日本海側ではこの風が時雨となって雨や雪を降らせたことで水分を失う。結果、山を越えた太平洋側では乾燥した空気となり、これが吹き抜けることによって木枯らしとなる。

木枯らしを題材にした楽曲

競馬

2007年2008年大井競馬で木枯特別競走が行われた。

木枯らし一号が吹いた日

関東地方 近畿地方
1980年 10月31日
1981年 11月28日
1982年 10月25日
1983年 10月29日
1984年 11月25日
1985年 11月2日
1986年 10月18日
1987年 11月6日 12月1日
1988年 10月13日 10月29日
1989年 11月14日 11月1日
関東地方 近畿地方
1990年 10月27日 11月10日
1991年 11月9日 11月25日
1992年 10月26日 (発生せず)
1993年 11月22日 10月23日
1994年 11月4日 11月3日
1995年 11月11日 11月1日
1996年 10月26日
1997年 10月27日 10月26日
1998年 11月5日 11月10日
1999年 11月16日
関東地方 近畿地方
2000年 10月18日 12月11日
2001年 11月6日
2002年 11月2日 10月27日
2003年 11月17日 12月19日
2004年 11月13日 11月27日
2005年 11月12日 12月5日
2006年 11月12日 11月7日
2007年 11月18日
2008年 11月1日 11月18日
2009年 11月2日
関東地方 近畿地方
2010年 10月26日
2011年 10月26日 10月25日
2012年 11月18日 10月29日
2013年 11月11日 11月4日
2014年 10月27日
2015年 10月24日 10月25日


参考文献

関連項目