木村龍治 (気象学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 龍治
生誕 1941年????
日本の旗 日本 東京都
研究分野 気象学
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

木村 龍治(きむら りゅうじ、1941年 - )は、日本気象学者理学博士)、気象予報士東京大学名誉教授、気象予報士会初代会長。専門は気象学海洋物理学地球流体力学

人物[編集]

東京都生まれ。1960年東京都立日比谷高等学校卒後、1965年東京大学理学部地球物理学科卒。東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。1976年に東京大学に博士論文「成層及び回転流体中の境界層の形成と安定性に関する地球流体力学的研究」を提出し理学博士学位を取得。

東京大学海洋研究所助手を経て、1977年東京大学海洋研究所助教授に昇格、1994年東京大学海洋研究所教授に昇格、1999年日本流体力学会長、2003年3月に東京大学を定年退職し東京大学名誉教授の称号を得る。同年4月から2009年3月まで放送大学教養学部教授。2003年度日本気象学会藤原賞を受賞。

主な著作・編著・共著[編集]

関連項目[編集]