木村義雄 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 義雄
きむらよしお
生年月日 (1948-04-17) 1948年4月17日(69歳)
出生地 日本の旗 香川県大川郡津田町(現さぬき市
出身校 中央大学商学部
前職 住友銀行従業員
所属政党 自由民主党石原派
配偶者 木村いさ子(頴川勉二・旧幸福銀行元副社長の娘)
親族 父・木村武千代(元衆議院議員)
祖父・上原平太郎(元陸軍中将・衆議院議員)
叔父・水島廣雄(元そごう会長)
公式サイト 木村よしお(元厚生労働副大臣)公式サイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧香川1区→)
香川2区
当選回数 7回
在任期間 1986年7月8日 - 2009年7月21日

当選回数 1回
在任期間 1983年 - 1986年
テンプレートを表示

木村 義雄(きむら よしお、1948年4月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。

厚生労働副大臣第1次小泉第1次改造内閣)、衆議院災害対策特別委員長、衆議院議員(7期)、香川県議会議員(1期)等を務めた。

父は元衆議院議員の木村武千代[1]。祖父は陸軍中将や衆議院議員を歴任した上原平太郎。叔父は元そごう会長の水島廣雄

来歴[編集]

香川県大川郡津田町(現さぬき市)生まれ[2]東京学芸大学附属高等学校中央大学商学部卒業。1972年住友銀行(現三井住友銀行)に入行。1975年に退行し、父・木村武千代の秘書に転じる[2]1983年香川県議会議員選挙に出馬し、初当選した[2]。父・武千代は1983年第37回衆議院議員総選挙で落選し、病気を理由に次期衆院選への不出馬を表明したため、義雄が香川県議を任期途中で辞職し、1986年第38回衆議院議員総選挙旧香川1区から自由民主党公認で出馬し当選した。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年第41回衆議院議員総選挙以降は香川2区から出馬し、連続7期当選。2002年第1次小泉第1次改造内閣厚生労働副大臣に任命された。2006年衆議院災害対策特別委員長に就任。

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党公認(公明党推薦)[3]で香川2区から出馬したが、選挙戦では終始民主党新人の玉木雄一郎にリードを許し[4]、3万票あまり差の大差で敗れ、比例復活もできず落選した[5]

2010年第22回参議院議員通常選挙比例区から自民党公認で出馬したが、落選した(自民党は12議席獲得したが、木村の得票数は党内17位)[6]2013年第23回参議院議員通常選挙に再び自民党公認で比例区から出馬し、当選。4年ぶりに国政に復帰した(自民党は18議席を獲得し、木村の得票数は党内17位)[7]

政策・主張[編集]

人物[編集]

2014年6月10日の自民党農林関係合同会議の席上、「TPP交渉の遅延を農協改革で取り戻そうとしている」と政府を批判したところ、自民党TPP対策委員長の西川公也から「何を言っているんだ、小僧!」と怒声を浴びせられた。なお西川は71歳、木村は66歳で、木村は西川よりも5歳年下だが、当選回数は木村が上回っていた(木村は衆院7期、参院1期。西川は衆院5期)[11]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “総選挙 主な候補者の横顔・香川2区”. 朝日新聞. (2009年8月24日). http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908240335.html 2017年4月8日閲覧。 
  2. ^ a b c プロフィール木村よしお(元厚生労働副大臣)公式サイト
  3. ^ “比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦”. 読売新聞. (2009年7月30日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090730-OYT1T00850.htm 2011年2月18日閲覧。 
  4. ^ “〈選択 09香川〉2区ルポ 多彩な地域性、訴え様々”. 朝日新聞. (2009年8月28日). http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908280138.html 2017年4月8日閲覧。 
  5. ^ “香川 小選挙区:総選挙2009”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya37.htm 2017年4月8日閲覧。 
  6. ^ “元衆院・木村義雄氏は落選/参院比例代表”. 四国新聞. (2010年7月13日). http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20100713000086 2011年2月18日閲覧。 
  7. ^ “木村 義雄:参議院選挙(参院選)2013”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/profile/yb001023.htm 2017年4月8日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “2013 参院選 自民党 比例代表 木村義雄”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_party_hirei_meikan.html?mid=C01001012001 2017年4月8日閲覧。 
  9. ^ “集団的自衛権に反対した2議員 "自民の良心"本当の狙いとは”. 東京スポーツ. (2014年7月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/285046/ 2017年4月8日閲覧。 
  10. ^ “自民、在留資格の新設を検討 外国人労働受け入れで”. 中日新聞. (2016年3月15日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016031501001942.html 2017年4月8日閲覧。 
  11. ^ “71歳の西川氏、66歳の木村氏に「小僧!」自民党農林関係合同会議で”. 産経新聞. (2014年6月10日). http://www.sankei.com/politics/news/140610/plt1406100004-n1.html 2014年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]


議会
先代:
柳澤伯夫
日本の旗 衆議院厚生委員長
1998年 - 1999年
次代:
江口一雄
先代:
中川昭一
日本の旗 衆議院逓信委員長
1996年 - 1997年
次代:
坂上富男
先代:
大野松茂
日本の旗 衆議院災害対策特別委員長
2006年 - 2007年
次代:
鈴木恒夫
公職
先代:
宮路和明
狩野安
日本の旗 厚生労働副大臣
鴨下一郎と共同

2002年 - 2003年
次代:
衛藤晟一
西博義