木村義雄 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
木村義雄
きむらよしお
生年月日 (1948-04-17) 1948年4月17日(68歳)
出生地 日本の旗 日本 香川県さぬき市
出身校 中央大学
前職 住友銀行 調査部 米国経済調査担当
香川県議会議員
衆議院議員(当選7回)
現職 参議院議員
所属政党 自由民主党
称号 英語検定1級
配偶者 木村いさ子
親族 父・木村武千代(元・衆議院議員)
祖父・上原平太郎(元陸軍中将・衆議院議員)
叔父・水島廣雄(元そごう会長)
義弟・鴻池一季(鴻池組4代目社長)
公式サイト 木村義雄HP

当選回数 1回
在任期間 2013年 -

選挙区 香川県第2区
当選回数 7回
在任期間 1986年7月8日 - 2009年
テンプレートを表示

木村 義雄(きむら よしお、1948年4月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。

衆議院議員(7期)、厚生労働副大臣[1]を歴任。

来歴[編集]

香川県さぬき市津田町出身。父は元衆議院議員の木村武千代[要出典]。祖父は元陸軍中将・衆議院議員の上原平太郎。叔父は元そごう会長の水島廣雄

東京学芸大学附属高等学校卒業。1972年中央大学商学部を卒業し、住友銀行に入社。1975年に退社して、父・武千代の秘書となり、1983年から1986年まで、香川県議会議員を務めた[要出典]1986年7月の第38回衆議院議員総選挙で衆議院議員に初当選、以降連続7回当選。

党広報本部長、党外国人労働者等特別委員長、党財務委員長などを歴任。現在、自民党香川県ふるさと振興第一支部長[要出典]

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、公明党の推薦も受けて[2]香川2区に出馬した。しかし、民主党新人の玉木雄一郎に敗れ、比例復活もならず落選。

2010年7月11日の第22回参議院議員通常選挙では、自民党の比例区から出馬し、落選(12議席獲得で党内17位)。

2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙では、再び自民党の比例区から出馬し当選、国政に復帰した(18議席獲得で党内17位)。

2016年3月15日、自民党が立ち上げた「労働力の確保に関する特命委員会」の特命委委員長に就任し[3]、「『移民の寸前』まで持っていけるかも含めて議論したい」と発言した[4][5]

政策[編集]

  • 2013参院選 毎日新聞候補者アンケートによると
    • 憲法9条の改正をして、自衛隊を他国同様「国防軍」とすべき。
    • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべきと回答。
    • 村山談話・河野談話を見直すべきでない。
    • 原発の再稼働・海外輸出に賛成[6]
  • 毎日新聞2010年参院選候補者アンケートでは「選択的夫婦別姓制度」に対し「反対」と回答した[7]
  • 2014年、安倍政権の進める集団的自衛権の行使容認の閣議決定に反対した[8][9]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

  • 「この国を考える(60)-天命とは民意なり、「安心できる社会」を築く-」『月刊自由民主』(通号638) 2006年。
  • 「厚生省、質の高い産業廃棄物処理体制の構築-法改正や減量化等による適正処理-」(地球環境問題を考える<特集>)『月刊自由民主』(通号483)1993年。

脚注[編集]

  1. ^ “元衆院・木村義雄氏は落選/参院比例代表”. 四国新聞. (2010年7月13日). http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20100713000086 2011年2月18日閲覧。 
  2. ^ “比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦”. 読売新聞. (2009年7月30日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090730-OYT1T00850.htm 2011年2月18日閲覧。 
  3. ^ 法務大臣閣議後記者会見の概要 法務省 2016年3月15日
  4. ^ 自民特命委が初会合、外国人活用の議論を開始 ロイター2016年3月15日
  5. ^ 自民、在留資格の新設を検討 外国人労働受け入れで 中日新聞 2016年3月15日
  6. ^ 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  7. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  8. ^ 東京スポーツ、2014年7月3日
  9. ^ 公式ブログ
  10. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]


議会
先代:
柳澤伯夫
日本の旗 衆議院厚生委員長
1998年 - 1999年
次代:
江口一雄
先代:
中川昭一
日本の旗 衆議院逓信委員長
1996年 - 1997年
次代:
坂上富男
公職
先代:
宮路和明
狩野安
日本の旗 厚生労働副大臣
鴨下一郎と共同
2002 - 2003
次代:
衛藤晟一
西博義