木村素衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村素衛

木村 素衛(きむら もともり、1895年3月11日 - 1946年2月12日)は、日本哲学者教育学者

経歴[編集]

石川県生まれ。京都帝国大学哲学科選科卒。広島高等師範学校教授を経て、1940年「実践的存在の基礎構造 教育哲学の考察に向けられたるフイヒテ哲学の一つの研究」により京都帝大文学博士。同年京都帝国大学教授となり教育学を担当、京都学派の一翼を形成、教育学の哲学的基礎づけをおこなった。
 また、多くの教育者や社会事業家との親交もあり、彼らに影響も与えており、戦後に近江学園を創設した池田太郎糸賀一雄らとの親交と影響が知られている[1]

著書[編集]

  • フィヒテ 弘文堂書房 1937 (西哲叢書)
  • フィヒテ第七章 弘文堂 1937
  • 国民と教養 弘文堂 1939 (教養文庫)
  • 表現愛 岩波書店 1939
  • 独逸観念論の研究 弘文堂 1940
  • 形成的自覚 弘文堂 1941
  • 国民教育の根本問題 目黒書店 1941 (教学新書)
  • 美のかたち 岩波書店 1941
  • 草刈籠 弘文堂 1942
  • 日本文化発展のかたちについて 生活社 1945 (日本叢書)
  • 教育学の根本問題 黎明書房 1947 (精神科学選書)
  • 雪解 随筆集 能楽書林 1947
  • 教育と人間 弘文堂 1948
  • 花と死と運命 弘文堂 1948 (アテネ文庫)
  • 国家に於ける文化と教育 岩波書店 1948
  • 紅い実と青い実 弘文堂 1949 (アテネ文庫)
  • 魂の静かなる時に 弘文堂 1950
  • ミケルアンヂェロ 弘文堂 1950 (アテネ文庫)
  • 表現愛と教育愛 木村素衛先生論文集刊行会 1966
復刊
  • 魂の静かなる時に 一灯園灯影舎 1989.11 (灯影撰書)
  • 表現愛 こぶし文庫 1997.9
  • 美の形成 こぶし文庫 2000.7
  • 美のプラクシス 京都哲学撰書 燈影舎 2000.7

翻訳[編集]

  • カント著作集 第13 一般歴史考 岩波書店 1926
  • 全知識学の基礎 フィヒテ 岩波書店 1931 のち文庫

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 蜂谷俊隆『糸賀一雄の研究--人と思想をめぐって--』関西学院大学出版会 2014年

参考文献[編集]

大西正倫『表現的生命の教育哲学―木村素衞の教育思想』(2011、昭和堂)