木村登勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木村 登勇
基本情報
本名 木村 登勇
階級 ライト級
スーパーライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1978-03-15) 1978年3月15日(39歳)
出身地 青森県三沢市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 44
勝ち 35
KO勝ち 19
敗け 7
引き分け 2
テンプレートを表示

木村 登勇(きむら のりお、1978年3月15日 - )は、日本の元プロボクサー青森県三沢市出身。第48代日本ライト級王者。 第31代日本スーパーライト級王者。日本スーパーライト級王座は13度防衛し、同級の最多連続防衛記録。仙台ボクシングジム(現・新日本仙台ボクシングジム)所属選手としてプロデビュー後、八戸帝拳ボクシングジムを経て、2000年より横浜光ボクシングジム所属。光星学院高等学校卒業。

人物[編集]

独楽の動きにヒントを得たという独特のトリッキーかつ攻撃的なファイトスタイルは、木村自身の命名によって「木村術」と呼ばれた。

キックボクサー小比類巻太信とは三沢市の同郷で、小学校から高校まで同じ学校に通い、登下校、トレーニングなどをともにした古くからの親友である。

来歴[編集]

中学2年生から八戸帝拳ボクシングジムに通う。光星学院時代、1、2年時は顧問が掛け持ちを禁止していたため部活に所属できず、3年で顧問が代わり出場できたインターハイではライトウェルター級8位の実績を残した。

1996年5月20日、宮城の仙台ボクシングジムからプロデビュー、4R判定勝利を収めた。

1997年、アマチュア時代に所属した八戸帝拳へ移籍。同年12月20日、松本猛を6R判定で下し、全日本ライト級新人王を獲得した。1998年11月16日、リック吉村の持つ日本ライト級王座に挑戦し、判定負けを喫した。

2000年、横浜光ボクシングジムへ移籍。これ以降は担当トレーナーである金昌龍の指導を受けた。2001年2月17日、1999年に1度敗れている湯場忠志の持つ日本ライト級王座への挑戦は5R負傷引分となり、戴冠はならなかった。

日本王座2階級制覇[編集]

ライト級獲得

2001年12月8日、湯場が返上して空位となった日本ライト級王座を小野淳一と決定戦で争い、判定勝利を収めて王座を獲得した。ジムの先輩で同郷の畑山隆則がWBA世界同級王座から陥落し、引退を表明してから5か月後であった。

2002年3月9日、日本武道館で行われた世界戦のアンダーで嶋田雄大に0-3の判定負けを喫し、初防衛に失敗して王座を失った。同年11月25日、階級をスーパーライト級に上げ、久保田和樹に3RKO勝利を収めた。

スーパーライト級獲得

2004年4月3日、江口慎吾に3-0の判定勝利を収め、日本スーパーライト級王座を獲得。日本王座の2階級制覇となった。4戦連続KO防衛後の2006年11月18日、飯田幸司を迎えての8度目の防衛戦では2度のダウンを奪い3-0の判定勝利を収めた[1]

2008年1月19日、松本憲亮に7RTKO勝利を収め、11度目の防衛に成功した。桑田弘と並んでいた同級の最多連続防衛記録10を超えて新記録達成となった。同年5月3日には山本大五郎に5RTKO勝利を収めて再び4戦連続KO防衛に成功し、記録を12に延ばした。

世界王座挑戦[編集]

2008年9月13日、ウクライナリヴィウアンドレアス・コテルニクが持つWBA世界同級王座に挑戦したが、0-3の判定で敗れ、王座獲得はならなかった。この挑戦は日本王座を保持したまま行われ、テレビ東京BSジャパンにより、9月15日開催のトリプル世界戦とともに、日本ボクシング中継史上最大となる3時間放送の中で伝えられた。

2008年12月20日、日本スーパーライト級王座の13度目の防衛戦を西尾彰人と行い、4RTKO勝利により自らの持つ同級の最多連続防衛記録を更新。世界再挑戦、OPBF東洋太平洋王座を視野に入れていくと明言した。

2009年4月4日、14度目の防衛戦で小野寺洋介山に判定負けを喫し、5年間にわたり10KOを含む13勝で守った王座を失った。試合直前には東洋挑戦、世界再挑戦の他にウェルター級への転向など新たな挑戦への意向も示していたが、4月15日、自身の公式応援掲示板で引退を表明。7月4日、後楽園ホール引退式が行われた[2]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:20戦15勝 (12KO・RSC) 5敗
  • プロボクシング:44戦35勝 (19KO) 7敗2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1996年5月20日 勝利 4R 判定3-0 清水力 (協栄) 日本の旗 日本 仙台(現・新日本仙台)ボクシングジムよりプロデビュー戦/東日本ライト級新人王トーナメント予選
2 1996年6月26日 勝利 1R 2:05 KO 玉置守 (MI花形) 日本の旗 日本 東日本ライト級新人王トーナメント予選
3 1996年8月25日 勝利 1R 1:38 KO 敬光勝昭 (ピストン堀口) 日本の旗 日本
4 1996年9月30日 勝利 1R 1:27 KO 浅野真吾 (ヨネクラ) 日本の旗 日本
5 1996年11月1日 敗北 4R 判定0-3 宮上将志 (金子) 日本の旗 日本 東日本ライト級新人王トーナメント準決勝
6 1997年6月10日 勝利 4R 判定 谷田川卓 (横浜さくら) 日本の旗 日本 八戸帝拳ボクシングジムへの移籍初戦/東日本ライト級新人王トーナメント予選
7 1997年7月11日 勝利 4R 判定 森洋介 (古口) 日本の旗 日本 東日本ライト級新人王トーナメント予選
8 1997年8月21日 勝利 4R 判定 春山正太 (オークラ) 日本の旗 日本
9 1997年9月29日 勝利 4R 判定 長屋昌史 (金子) 日本の旗 日本 東日本ライト級新人王トーナメント準決勝
10 1997年11月8日 勝利 6R 判定 奈良清志 (角海老宝石勝又) 日本の旗 日本 東日本ライト級新人王トーナメント決勝戦
11 1997年12月20日 勝利 6R 判定 松本猛 (千里馬神戸) 日本の旗 日本 全日本ライト級新人王決定戦
12 1998年6月28日 勝利 8R 判定 川島辰久 (三迫) 日本の旗 日本
13 1998年9月21日 勝利 10R 判定 吉岡孝幸 (沖) 日本の旗 日本
14 1998年11月16日 敗北 10R 判定 リック吉村 (石川) 日本の旗 日本 日本ライト級タイトルマッチ
15 1999年2月22日 敗北 10R 判定 湯場忠志 (都城レオスポーツ) 日本の旗 日本
16 1999年8月28日 引分 5R 1:10 負傷 阪東竜 (ハッピーカドタ) 日本の旗 日本
17 2000年2月19日 敗北 10R 判定 阪東竜 (ハッピーカドタ) 日本の旗 日本 横浜光ボクシングジムへの移籍初戦
18 2000年7月14日 勝利 4R 2:43 TKO 松田夏樹 (三迫) 日本の旗 日本 KSD杯争奪A級トーナメントライト級予選
19 2000年8月31日 勝利 6R 判定 大久保純斗 (草加有沢) 日本の旗 日本 KSD杯争奪A級トーナメントライト級準決勝
20 2000年10月20日 勝利 8R 判定 橋浦憲一 (帝拳) 日本の旗 日本 KSD杯争奪A級トーナメントライト級決勝
21 2001年2月17日 引分 5R 1:57 負傷 湯場忠志 (都城レオスポーツ) 日本の旗 日本 日本ライト級タイトルマッチ
22 2001年7月12日 勝利 2R 1:52 KO ビチャー・チタラダ タイ王国の旗 タイ
23 2001年12月8日 勝利 10R 判定 小野淳一 (新日本木村) 日本の旗 日本 日本ライト級王座決定戦
24 2002年3月9日 敗北 10R 0-3判定 嶋田雄大 (ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本王座陥落
25 2002年11月25日 勝利 3R 1:23 KO 久保田和樹 (相模原ヨネクラ) 日本の旗 日本
26 2003年4月3日 勝利 4R 1:34 TKO 安田鉄平 (三迫) 日本の旗 日本
27 2003年8月4日 勝利 2R 0:47 TKO 太田宏樹 (花形) 日本の旗 日本
28 2003年12月8日 勝利 4R 0:29 TKO チェックビル・タマチャート タイ王国の旗 タイ
29 2004年4月3日 勝利 10R 判定3-0 江口慎吾 (大橋) 日本の旗 日本 日本スーパーライト級タイトルマッチ
30 2004年8月7日 勝利 3R 2:58 KO 吉田幸治 (北澤) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
31 2004年12月4日 勝利 10R 判定3-0 五百久寛行 (不二) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
32 2005年3月5日 勝利 10R 判定2-0 佐々木基樹 (協栄) 日本の旗 日本 日本王座防衛3
33 2005年8月4日 勝利 4R 1:57 TKO 大嶋宏成 (シャイアン) 日本の旗 日本 日本王座防衛4
34 2005年12月17日 勝利 2R 2:25 KO 松宮一之 (新日本徳山) 日本の旗 日本 日本王座防衛5
35 2006年3月4日 勝利 7R 2:20 TKO 長瀬慎弥 (フラッシュ赤羽) 日本の旗 日本 日本王座防衛6
36 2006年8月5日 勝利 7R 2:59 TKO 小暮飛鴻 (八王子中屋) 日本の旗 日本 日本王座防衛7
37 2006年11月18日 勝利 10R 判定3-0 飯田幸司 (ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本王座防衛8
38 2007年4月14日 勝利 4R 0:40 TKO 飯田聖州 (三松スポーツ) 日本の旗 日本 日本王座防衛9
39 2007年7月21日 勝利 7R 1:03 TKO 中村徳人 (相模原ヨネクラ) 日本の旗 日本 日本王座防衛10
40 2008年1月19日 勝利 7R 1:37 TKO 松本憲亮 (ヨシヤマ) 日本の旗 日本 日本王座防衛11
41 2008年5月3日 勝利 5R 2:37 TKO 山本大五郎 (金沢) 日本の旗 日本 日本王座防衛12
42 2008年9月13日 敗北 12R 判定0-3 アンドレアス・コテルニク  ウクライナ WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ
43 2008年12月20日 勝利 4R 2:54 TKO 西尾彰人 (姫路木下) 日本の旗 日本 日本王座防衛13
44 2009年4月4日 敗北 10R 判定0-3 小野寺洋介山 (オサム) 日本の旗 日本 日本王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第54回東日本ライト級新人王
  • 第44回全日本ライト級新人王
  • 第14回KSD杯争奪A級トーナメントライト級優勝
  • 第48代日本ライト級王座(防衛0)
  • 第31代日本スーパーライト級王座(防衛13)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
湯場忠志
第48代日本ライト級王者

2001年12月8日 - 2002年3月9日

次王者
嶋田雄大
前王者
江口慎吾
第31代日本スーパーライト級王者

2004年4月3日 - 2009年4月4日

次王者
小野寺洋介山