木村正英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 正英
生誕 (1988-06-14) 1988年6月14日(30歳)
出身地 日本の旗日本 神奈川県横浜市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノ
共同作業者 工藤秀平K.K.

木村 正英(きむら まさひで、1988年6月14日 - )は、日本シンガーソングライターボーカルでありピアノも担当する 。神奈川県横浜市出身。 シンガーソングライターが集う音楽ユニットGoose houseの元メンバーでもある。 工藤秀平と組む男性音楽デュオ「K.K.」のメンバー。立ち位置は下手。

人物[編集]

Twitterやライブでは『キャプテン木村』と名乗っている。

趣味は野球、生き物全般の飼育。

特技はものまね、ピアノの即興。

好きな映画は『男はつらいよ』シリーズ。

プロフィール上の出身地は神奈川県横浜市だが、実際の出生地は同県川崎市である。

中学時代に現在の相方である工藤秀平と出会い、その後音楽活動を始める。

ソロ活動[編集]

2010年3月21日に開催されたK.K.のワンマンライブ『春分の日』にて、工藤と木村それぞれのソロコーナーが設けられた。互いにソロで楽曲を作り、サポートメンバーを率いた上で披露された。

2011年12月、都内で開催されていたK.K.の無料ライブの終了後、事前予告なしに木村がソロでのライブを同会場で開催。その日はGoose house年末総集編とも言える『HOY』の放送日であり、ライブ後にシェアハウスに駆けつけた木村はその日の放送を最後にGoose houseを卒業した。

木村のGoose house卒業後、工藤は次第にGoose houseを重点にし活動するようになり、K.K.としての活動は月に一回から二回にまで減っていった。その一方で木村は度々横浜近辺地域の祭りやブッキングライブに出演をし始め、再びソロでのオリジナル曲を作るようになった。木村がソロでの楽曲を通算しているのはこの時期に作られた曲からであり、それ以前に作られた曲はカウントされていない。

その後も木村はK.K.のメールマガジン購読者を対象としたイベントを行っていたが、イベント参加者からの「もっとライブが見たい」という声に応え、2015年より『正英会』というソロライブ企画を立ち上げ、K.K.のサポートもしているミュージシャンをサポートメンバーに迎え活動している。

楽曲は全て、最初に『木村正英ソロ〇〇曲目』と、タイトルがついていない状態で発表される。ある程度曲が溜まるとファンによる提案と投票で各曲にタイトルが付けられる。なお、ライブで披露する事がなくなった為にタイトルを付けられなかった曲や、木村本人がタイトルを付けた曲もある。

ソロ活動の全ては『K.K.の為に』と宣言しており、ソロ活動で得た事をK.K.での活動に活かしている。

K.K.の活動に専念する為、2018年6月14日をもって、ソロ活動を一時休止する事が発表された。同年9月1日より再開。

ソロ活動休止後も楽曲制作は引き続き行っており、2018年7月15日開催のK.K.ワンマンライブにてソロコーナーが設けられ、新曲『花火大会に連れて行こう』を発表した。

外部リンク[編集]