木村栄一 (保険学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 榮一(きむら えいいち、1925年(大正14年)1月11日 - 2013年(平成25年)1月4日[1] )は、日本保険学者。一橋大学名誉教授日本保険学会理事長、日本学術会議13期・14期会員、明治生命保険社員総代・評議員会議長等、国際保険学会(IIS)理事、国際保険学会議(AIDA)理事等を歴任。

日本人として初めて国際保険学会議(AIDA)メダルを受章。住田海事奨励賞、日経・経済図書文化賞受賞。正四位加藤由作門下で、指導学生に近見正彦など[2]

人物[編集]

熊本県熊本市(旧:下益城郡隈庄町→城南町)生まれ。海軍経理学校に入学し、大日本帝国海軍主計少尉として終戦を迎えた。1946年に旧制東京商科大学(現一橋大学)に復学。長崎時代の恩師松野賢吾の紹介で井藤半彌ゼミに入り財政学を学んだ。1949年に大学を首席で卒業後、大蔵省(現財務省)の内定を断り大学の助手に就任。その後、伊藤の勧めで加藤由作に師事して海上保険学研究に転じた。一橋大学商学部教授、商学部長、日本学術会議会員、明治生命保険評議員会議長を歴任。日本保険学会理事長を1981年から6期11年務めた。また日本人として初めて国際保険学会議(AIDA)メダルを受章。住田海事奨励賞、日経・経済図書文化賞受賞。1988年一橋大学を定年退職し、中央大学商学部教授に就任。2013年肺炎のため国立市の国立さくら病院で死去。死後、蔵書が中出哲早稲田大学教授の尽力で東京海上日動火災保険により受贈された[3]

学歴[編集]

職歴[編集]

社会的活動[編集]

賞歴[編集]

脚注[編集]