木村時夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村時夫(きむら ときお、1920年9月30日[1]- 2009年2月18日)は、日本の政治史学者。

埼玉県春日部市生まれ。1944年早稲田大学文学部史学科卒業。学徒出陣で入隊、復員後は高校教諭をへて、68年早大社会科学部教授。75-83年社会科学研究所長。91年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

  • 『日本の史潮』早稲田大学出版部 1961
  • 『日本ナショナリズムの研究』前野書店 1966
  • 『日本ナショナリズム史論』早稲田大学出版部 1973
  • 『史伝史話 近代日本の明暗』前野書店 1978
  • 『実例小論文の書き方』南雲堂 1979
  • 『実例リポート・論文の書き方』南雲堂 1979
  • 『維新をめぐる人々 明治維新の源流2』早稲田大学出版部 リカレントブックス 1981
  • 『黒船の衝撃 明治維新の源流』早稲田大学出版部 リカレントブックス 1981
  • 『昭和史を語る』全3巻 早稲田大学出版部 早稲田選書 1985-88
  • 『日本文化の伝統と変容』成文堂 学際レクチャーシリーズ 1990
  • 『人を育てる先生、ダメにする先生 教師と学生のあり方を問う』南雲堂 1994
  • 北一輝二・二六事件の陰謀』恒文社 1996
  • 『わが早稲田 大隈重信とその建学精神』恒文社 1997
  • 『知られざる大隈重信』2000 集英社新書

編著[編集]

  • 『ユダヤ世界と非ユダヤ世界 挑戦と対応』編 早稲田大学社会科学研究所 1981
  • 松村謙三 資料編』島善高高橋勇市共編 櫻田會 1999
  • 『松村謙三 伝記編』編著 櫻田會 1999

翻訳[編集]

参考[編集]

  • [1]
  • 木村時夫教授年譜・主要著作目録 (木村時夫教授古稀記念号) 早稲田社会科学研究 早稲田人文自然科学研究 1991-03

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』