木村幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きむら かん
木村 幹
Kankimura.jpg
神戸大学前にて。(2005年)
生誕 (1966-04-07) 1966年4月7日(51歳)
日本の旗大阪府河内市
出身校 京都大学
職業 政治学者
公式サイト kimurakan.web.fc2.com

木村 幹(きむら かん、1966年昭和41年)4月7日 - )は、日本政治学者神戸大学教授。専門は比較政治学朝鮮半島地域研究博士法学)。大阪府河内市(現・東大阪市)生まれ。京都大学での指導教授の木村雅昭と血縁関係はない。オリックスファン。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1993年(平成5年) - 愛媛大学法文学部助手
  • 1994年(平成6年) - 愛媛大学講師。
  • 1997年(平成9年) - 神戸大学国際協力研究科助教授。
  • 2005年(平成17年) - 神戸大学大学院国際協力研究科教授。
  • 2017年(平成29年) - 神戸大学アジア学術総合センター長(国際協力研究科教授と兼務)。

兼職[編集]

受賞[編集]

  • 2001年(平成13年) - 第13回アジア・太平洋賞特別賞受賞(『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』に対して)。
  • 2003年(平成15年) - 第25回サントリー学芸賞受賞(『韓国における「権威主義的」体制の成立』に対して)。
  • 2015年(平成27年) - 第16回読売・吉野作造賞受賞(『日韓歴史認識問題とは何か 歴史教科書・『慰安婦』・ポピュリズム』に対して)。

研究[編集]

  • 小林良彰は、木村の著書『民主化の韓国政治 朴正煕と野党政治家たち1961~1979』(2008年名古屋大学出版会)を「『民主化の安定』という比較政治の視点を通して、韓国政治の実像を見事に描き出した著者の卓越した力量に敬意を表したい」と評している[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識 朝貢国から国民国家へ』 ミネルヴァ書房〈Minerva人文・社会科学叢書 39〉、2000年10月30日ISBN 4-623-03292-2
    • 기무라 간(木村 幹) (2007-12-05). 조선/한국의 내셔널리즘과 소국의식 : 조공국에서 국민국가로(朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識 : 朝貢国から国民国家へ). 김 세덕(金 世徳)訳. 산처럼(サンチョロム). ISBN 9788990062239.  - 韓国語版:金世徳訳、サンチョロム。
  • 『韓国における「権威主義的」体制の成立 李承晩政権の崩壊まで』 ミネルヴァ書房〈Minerva人文・社会科学叢書 71〉、2003年6月10日ISBN 4-623-03757-6
    • 기무라 간(木村 幹) (2013-12-30). 한국의 권위주의적 체제 성립 : 이승만 정권의 붕괴까지(韓国における「権威主義的」体制の成立:李承晩政権の崩壊まで). 김 세덕(金 世徳)訳. 제이앤씨(J&C). ISBN 9788956689975.  - 韓国語版:金世徳訳、J&C。
  • 『朝鮮半島をどう見るか』 集英社集英社新書〉、2004年5月14日ISBN 4-08-720241-0 - 年表あり。
  • 『高宗・閔妃 然らば致し方なし』 ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2007年12月10日ISBN 978-4-623-05035-2 - 肖像あり。
  • 『民主化の韓国政治 朴正煕と野党政治家たち1961~1979』 名古屋大学出版会、2008年1月。ISBN 978-4-8158-0572-2
  • 『韓国現代史 大統領たちの栄光と蹉跌』 中央公論新社中公新書〉、2008年8月25日ISBN 978-4-12-101959-2 - 文献あり。
  • 『近代韓国のナショナリズム』 ナカニシヤ出版、2009年7月。ISBN 978-4-7795-0343-6 - 索引あり。
  • 『日韓歴史認識問題とは何か』 ミネルヴァ書房、2014年10月。ISBN 978-4-6230-7175-3

共編・編著・共編著[編集]

  • 玉田芳史 共編 『民主化とナショナリズムの現地点』 ミネルヴァ書房、2006年4月20日ISBN 4-623-04568-4
  • 石田佐恵子山中千恵 共編著 『ポスト韓流のメディア社会学』 ミネルヴァ書房〈叢書・現代社会のフロンティア 10〉、2007年10月30日ISBN 978-4-623-04868-7 - 年表あり。
  • 島田幸典 共編著 『ポピュリズム・民主主義・政治指導 制度的変動期の比較政治学』 ミネルヴァ書房〈Minerva比較政治学叢書 1〉、2009年10月30日ISBN 978-4-623-05542-5 - 索引あり。
  • 浅羽祐樹佐藤大介 共著 『徹底検証 韓国論の通説・俗説 日韓対立の感情vs.論理』 中央公論新社〈中公新書ラクレ439〉、2012年12月10日ISBN 978-4-12-150439-5 - 年表あり。
  • 浅羽祐樹、安田峰俊 共著 『だまされないための「韓国」 あの国を理解する「困難」と「重み」』 講談社、2017年5月1日。ISBN 978-4-06-2206303

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “民主化の韓国政治-朴正熙と野党政治家たち1961〜1979”. 朝日新聞. (2008年2月17日). オリジナル2012年7月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120729041310/http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071703954.html 
  2. ^ 落星台経済研究所ホームページ『日本軍慰安所管理人の日記』(日本語翻訳版)[1]
  3. ^ 毎日新聞 2013年08月07日「慰安所:朝鮮人男性従業員の日記発見 ビルマなどでつづる」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]