木村孝 (染織研究家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 孝(きむら たか、1920年-2016年11月2日[1][2])は、日本の染織研究家、随筆家。本名は小笠原孝(おがさわら たか)[1][2]

映画『夜の河』山本富士子が演じた主人公のモデルになったと言われている[3]

経歴[編集]

  • 1920年 - 京都市中京区染色を営む家に生まれ、後継ぎとなるべく染色を習う。
  • 1944年 - 女学校を卒業し京都新聞文化部に就職。6年後に家業を継ぐ。
  • 1954年 - 染色個展を毎年開催。並行してニューヨークにて染織デザインを研究。
  • 1958年ごろ - 結婚。
  • 1963年 - 夫の転勤によりロンドンに移る。ファッション史を学ぶほか、染織やテキスタイルデザインなどを研究する。またロンドンでも個展を開催した。
  • 1968年ごろ - 帰国。以後、染織やファッションに関する執筆や講演などで活動。

著書[編集]

  • 『きものの四季』三笠書房(1970年)
  • 『現代きもの心得~いつ・どこで・何を着る』婦人画報社(1980年)
  • 『いろとあや~きもの覚書』淡交社(1984年)
  • 『木村孝のきもの・しきたり事典~いつ・どこで・何を着る 礼装からおしゃれ着まで格合わせと装い方』婦人画報社【FUJIN GAHO BOOKS 着物シリーズ】(1987年)
  • 『日本のいろ、今昔』フジアート出版【フジアート・ヴィジュアル・ブックス】(1989年)
  • 『文様の四季 和装にみる文化と伝統』茶道之研究社 1997
  • 『きものの買い方・揃え方』【おしゃれなきもの教室】世界文化社(1999年)
  • 『和の彩りにみる色の名の物語』淡交社(2001年)※世良武史写真
  • 『和の美を育む~きものことはじめ』集英社(2003年)
  • 『和の意匠にみる文様の名の物語』淡交社(2005年)※世良武史写真
  • 『和の美をめぐる50の言葉―日本を知りたい』アシェット婦人画報社(2007年)
  • 『美しい着物、美しい人—伝えておきたい嗜みごと』淡交社(2008年)
  • 『九十歳和の躾』朝日新聞出版 2010
  • 『礼装・盛装・茶席のきもの きものしきたりと着こなし』淡交社 2010
  • 『木村孝のきものおしゃれ塾』ハースト婦人画報社 2011
  • 『女の嗜み 今、伝えておきたいこと』角川oneテーマ21 2012
  • 『和装のたしなみ』三徳庵茶道の研究編集部 2013
  • 『きもの春秋 今、次世代へつなぐ想い』ハースト婦人画報社 2014
  • 『きものが語る日本の雅』いきいき株式会社出版局 2015
  • 『衣の声 きものの本流を見つめて』ハースト婦人画報社 2016 - 遺作

共著・監修[編集]

  • 『きもの用語事典』監修 婦人画報社 1990
  • 『冠婚葬祭のきものビューティヘアメイクと着こなし』講談社(1996年)※山野寿子との共著
  • 『染め織りめぐり』監修【JTBキャンブックス】(2002年)
  • 美智子さまのお着物―写真集』渡辺みどり共著 朝日新聞出版・編(2009年)
  • 『きもの文様図鑑 きれいな文様集めました!』監修 ハースト婦人画報社 2012
  • 『きもの用語事典 これだけ知れば10倍楽しくなる!』監修 ハースト婦人画報社 2012
  • 『茶席のきもの入門 DVDでまなぶ、きものと袴の着付け』山野愛子ジェーン共監修 淡交社 2013

関連項目[編集]

脚注[編集]