木村太彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 太彦(きむら たひこ)は、日本漫画家愛媛県四国中央市出身。男性。代表作は『瀬戸の花嫁』。

経歴・人物[編集]

ハイテンションなギャグが売り物の作風である。

月刊少年エース』の新人漫画賞の第2回奨励賞を受賞。当初は「石川恵三」というペンネームだったが、「余の名はズシオ」の単行本1巻発売に際して現在の木村太彦の名前に変えた。

初連載作品は「余の名はズシオ」。『月刊少年エース』にて1998年8月号より2001年1月号まで連載されたが、未完のまま中断している。

ARTIFACT;RED」を『月刊少年ガンガン』2001年1月号から『月刊ガンガンWING』2002年7月号まで連載した後、「瀬戸の花嫁」を『月刊ガンガンWING』2002年9月号より連載。単行本は10巻を越え、アニメ化ドラマCD化などもされる人気作となった。なお、連載初期は全て手書きだったが、途中からデジタル執筆が目立つようになった。

2008年6月、右腕の異常のため執筆からしばらく離れると『月刊ガンガンWING』で告知された。2009年の『月刊ガンガンWING』休刊により『瀬戸の花嫁』の連載は『月刊ガンガンJOKER』に移ったものの、長らく休載のままであった。その後『ガンガンONLINE』の再録を経て『月刊ガンガンJOKER』2010年6月号より連載が再開され、同誌2010年12月号をもって完結を迎えた。

作品リスト[編集]

外部リンク[編集]