木村哲也 (民俗学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 哲也(きむら てつや、1971年昭和46年〉 - )は、日本歴史民俗学者高知県宿毛市出身。東京都立大学文学部卒業。

中学3年のとき、東京都近郊在住の高知県宿毛市出身者の集まりである「東京宿毛会」席上で、ハンセン病患者と交流の深かった詩人・大江満雄と出逢ったことをきっかけに、『大江満雄集』編集に参加。全国のハンセン病療養所を訪ね、大江満雄とハンセン病について取材した[1]

また、高校卒業時に民俗学者の宮本常一の著書に衝撃を受け、都立大在学中に旅の見聞を伝える新聞『みる・きく・あるく』を発行。後に周防大島文化交流センター(宮本常一記念展示室)学芸員も務めている[2]。一方では、祖母が高知県駐在保健婦を経験していたことから、都立大在学中より高知県、青森県沖縄県などの駐在保健婦の調査研究を進めている[3]

著作には、大江とハンセン病関連として『癩者の憲章 - 大江満雄ハンセン病論集』(ISBN 978-4-272-43077-2)など、宮本常一関連として『「忘れられた日本人」の舞台を旅する - 宮本常一の軌跡』(ISBN 978-4-309-22444-2)などがあり、保健婦研究では医学書院の雑誌『保健師ジャーナル』(NCID AA11879059)に「『保健婦雑誌』に見る戦後史」を連載している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大江満雄 『癩者の憲章 大江満雄ハンセン病論集』 木村哲也編、大月書店、2008年、310頁。ISBN 978-4-272-43077-2
  2. ^ 木村哲也「島の医療・衛生「孤島の太陽」のあとさき 高知県宿毛市沖の島・駐在保健婦の足跡」、『しま』第51巻第2号、日本離島センター、2005年10月、 94頁、 NAID 40006993349
  3. ^ 対談 駐在保健婦の歴史に学ぶ 『駐在保健婦の時代 1942-1997』をめぐって」、『保健師ジャーナル』第69巻第1号、医学書院、2013年1月、 46頁、 NAID 400195424352015年10月19日閲覧。