木本茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木本 茂(きもと しげる、1956年12月20日 - )は、日本の実業家髙島屋代表取締役社長や、東神開発代表取締役会長、日本百貨店協会副会長を務めた。

人物・経歴[編集]

東京都出身[1]。1975年海城高等学校卒業[2]。1979年横浜市立大学商学部卒業[1]横浜髙島屋(現髙島屋)入社。2006年髙島屋横浜店副店長。2007年新宿店副店長。2010年執行役員新宿店長。2011年常務取締役企画本部副本部長、構造改革推進室長。11年ぶりの社長交代により2014年代表取締役社長に昇格[3]インバウンド消費への対応や、在宅勤務制度導入などの働き方改革にあたった[4][5]。2019年東神開発代表取締役会長に就任[6]日本百貨店協会副会長なども務めた[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「【2018 成長への展望】高島屋社長・木本茂さん(61)」 SankeiBiz 2018年1月10日
  2. ^ 「木本 茂」 海城高等学校
  3. ^ 取締役社長(代表取締役)交代のお知らせ 高島屋 2014年1月23日
  4. ^ 「【トップは語る】高島屋 赤字の地方店舗ゼロへ構造改革」 SankeiBiz 2017年10月24日
  5. ^ 「高島屋の木本茂社長「インバウンド、引き続き好調」 」日本経済新聞2017/10/10 17:46日本経済新聞 電子版
  6. ^ 高島屋社長に村田常務「ビジネスモデルを作るのが大きな課題」 日本経済新聞 2019年2月15日
  7. ^ 日本百貨店協会 概要 日本百貨店協会


先代:
鈴木弘治
高島屋社長
2014年 - 2019年
次代:
村田善郎