木本芳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木本 芳雄 / 奇本 芳雄(きもと よしお、1946年 ‐ )は、日本の高校野球指導者[1]山形県出身。旧姓・奇本。

来歴[編集]

神奈川県武相高等学校野球部では5番・一塁手、副主将として、1964年第46回全国高等学校野球選手権大会に出場している。その後駒澤大学では3年の時に監督が辞め、奇本(当時)が実質的監督となった。1968年に創部3年目の桐蔭学園高等学校野球部監督に就任した。1971年大塚喜代美土屋恵三郎のバッテリーを擁し、第53回全国高等学校野球選手権大会に同校を甲子園初出場させるとともに初優勝を果たした。ただ選手権大会優勝校監督が就任することが慣例の日米親善高校野球(同年はハワイ州で開催)は、当時の出入国管理法により在日コリアンの奇本(当時)は日本国外に出国できず、準優勝校の福島県立磐城高等学校の須永徳中が就いた[2]。以後、桐蔭学園では甲子園出場はならず、1982年に教え子の土屋に監督の座を譲った。1984年8月に藤嶺学園藤沢高等学校の野球部監督に就任。翌年の第67回全国高等学校野球選手権大会に同校を初出場させた。のち、母校の武相高校野球部監督も務めている[3]

2013年7月27日(土曜日)15:00 - 15:54にTBSテレビスパニチ!!」で放送された『同窓会』(出川哲朗パンチ佐藤堤下敦の出演で武相高校を特集)に、堤下の恩師としてサプライズ出演。

指導した選手[編集]

出典[編集]

  1. ^ 3校で甲子園出場の偉業 桐蔭学園 藤嶺藤沢 武相 木本芳雄
  2. ^ 甲子園の異邦人193‐194ページ、金賛汀 講談社、1985年、ISBN 978-4062020640
  3. ^ 甲子園高校野球人名事典99ページ、森岡浩、東京堂出版、2004年、ISBN 978-4490106503