木本氏房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木本 氏房
きもと うじふさ
生誕 1884年9月2日
日本の旗 日本三重県
死没 (1968-07-03) 1968年7月3日(83歳没)
所属組織  大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1933
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大佐.svg 陸軍工兵大佐
除隊後 満洲航空株式会社技術顧問、大日本航空株式会社技術顧問、国際航業株式会社顧問
テンプレートを表示

木本 氏房(きもと うじふさ、1884年明治17年)9月2日1968年昭和43年)7月3日)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍工兵大佐。日本における航空測量の先駆者として知られる。

経歴[編集]

三重県宇治山田市に生まれた。陸軍中央幼年学校を経て、1905年(明治38年)3月30日に陸軍士官学校(17期)を卒業し、同年4月21日に工兵少尉に任ぜられる[1]1907年(明治40年)12月21日に工兵中尉に昇進[2]後、陸軍砲工学校(15期)高等科を卒業[3]し、1910年(明治43年)12月22日に陸地測量部班員に補せられる[4]1915年(大正4年)4月9日に工兵大尉に昇進した[5]

その後、陸軍工兵学校教官の兼補を経て、1921年(大正10年)2月4日に陸地測量部班長に補せられた[6]後、同年12月1日に工兵少佐に昇進した[7]。さらに、陸軍航空学校教官兼補、下志津陸軍飛行学校教官兼補を経て、1925年(大正14年)7月10日、陸地測量部御用掛を命ぜられる[8]1926年(大正15年)8月6日工兵中佐に[9]1931年(昭和6年)8月1日に工兵大佐に昇進[10]し、1933年(昭和8年)4月20日予備役に編入された[11]

その後、満洲航空株式会社技術顧問となり、大日本航空株式会社技術顧問、国際航業株式会社顧問を歴任した。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許
  • 1910年(明治43年)3月15日 - 大清帝国:三等第二双龍宝星[25]
  • 1934年(昭和9年)3月1日 - 満州帝国:大満洲国建国功労章[26]

親族[編集]

  • 木本氏壽 - 長男。陸軍士官学校第50期卒業、陸軍少佐。国際航業株式会社取締役、日本測量調査技術協会事務局長などを歴任。
  • 木本氏仁 - 次男。株式会社きもと(市場情報:東証一部 7908)の創業者。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6540号、明治38年4月22日。
  2. ^ 『官報』第7347号、明治40年12月23日。
  3. ^ 『官報』第7937号、明治42年12月7日。
  4. ^ 『官報』第8253号、明治43年12月23日。
  5. ^ 『官報』第804号、大正4年4月10日。
  6. ^ 『官報』第2552号、大正10年2月5日。
  7. ^ 『官報』第2801号、大正10年12月2日。
  8. ^ 『官報』第3865号、大正14年7月11日。
  9. ^ 『官報』第4187号、大正15年8月7日。
  10. ^ 『官報』第1378号、昭和6年8月3日。
  11. ^ 『官報』第1890号、昭和8年4月21日。
  12. ^ 『官報』第6572号、明治38年5月30日。
  13. ^ 『官報』第7418号、明治41年3月23日。
  14. ^ 『官報』第241号、大正2年5月21日。
  15. ^ 『官報』第1782号、大正7年7月11日。
  16. ^ 『官報』第3386号、大正12年12月5日。
  17. ^ 『官報』第625号、昭和4年1月31日。
  18. ^ 『官報』第1908号、昭和8年5月15日。
  19. ^ 『官報』第7030号、明治39年12月4日。
  20. ^ 『官報』第539号、大正3年5月18日。
  21. ^ 『官報』第2169号、大正8年10月27日。
  22. ^ 『官報』第2610号号外、大正10年6月24日。
  23. ^ 『官報』第240号、昭和2年10月14日。
  24. ^ 官報不掲載;「叙勲裁可書・昭和六年・叙勲巻三・内国人三(国立公文書館)」 アジア歴史資料センター Ref.A10113091900 
  25. ^ 『官報』第8017号、明治43年3月17日。
  26. ^ 『官報』第2822号附録、昭和11年6月1日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]