木月大町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 川崎市 > 中原区 > 木月大町
木月大町
—  町丁  —
法政大学第二中・高等学校
木月大町の位置(神奈川県内)
木月大町
木月大町
木月大町の位置
座標: 北緯35度34分11.26秒 東経139度39分4.27秒 / 北緯35.5697944度 東経139.6511861度 / 35.5697944; 139.6511861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
中原区
設置 1940年(昭和15年)
面積[1]
 - 計 0.203km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 2,672人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 211-0031[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

木月大町(きづきおおまち[5])は、神奈川県川崎市中原区町名。丁番を持たない単独町名であり、2004年平成16年)10月12日住居表示が施行されている[5]郵便番号は211-0031[3]。面積は20.3haである[1]

地理[編集]

中原区の南部に所在し、二ヶ領用水の支流である渋川の右岸に位置する。域内の北側を法政大学第二中・高等学校法政大学のグラウンドが占めており、南側には高層マンションが立ち並んでいる[6]

木月大町は北端で今井西町今井仲町と、東端では渋川を挟んで今井南町木月伊勢町と接する。南端では木月祗園町と接し、西端では井田三舞町下小田中と接する。これらの町域はすべて中原区に属しており、木月大町は市境や区境には接していない。

歴史[編集]

当地は、江戸時代には「深町」や「大沼」と呼ばれる地で、その名の通り低湿地の水田となっていた[6]1940年(昭和15年)、耕地整理により木月大町が木月から分立したが、その少し前に法政大学予科が設置され、北側の水田は埋められていった。そして、残った水田も昭和30年代には住宅地へと変貌した[6]。なお、設置時には「きづきだいまち」という読みであったが、住居表示の施行に合わせて、それまで通称として使われていた[7]「きづきおおまち」を正式な読みとした[8]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
木月大町 1,438世帯 2,672人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10][11]

番地 小学校 中学校
全域 川崎市立住吉小学校 川崎市立今井中学校

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ a b 区別町名一覧表”. 川崎市. 2018年2月15日閲覧。
  6. ^ a b c d 『川崎の町名』 日本地名研究所、川崎市、1991年、141頁。
  7. ^ 『川崎地名辞典』 日本地名研究所、川崎市、2004年、227頁。
  8. ^ 新しい住居表示のお知らせ(住居表示施行に伴うパンフレット) 川崎市、2004年。
  9. ^ 『川崎地名辞典』 日本地名研究所、川崎市、2004年、225頁。
  10. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  11. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。