木更津港まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木更津港まつり
Fireworks Kisarazu port2013.jpg
2013年 木更津港まつりの花火大会で撮影した打ち上げ花火
概要
開催時期 花火大会:毎年8月15日(14日はやっさいもっさい踊り)
会場・場所 木更津港内港
主催 木更津港まつり実行委員会
最寄駅 JR木更津駅(西口)
外部リンク 木更津市観光協会
テンプレートを表示


木更津港まつりとは、千葉県木更津市で例年8月14日8月15日の2日にわたって催される祭りである。

概要[編集]

戦後間もない1948年(昭和23年)、先覚者の慰霊を目的にはじめられた祭りである。2日にわたって行われ、1日目である8月14日にはやっさいもっさいが、2日目となる8月15日には花火大会が開催される。例年の来場者数は25万人を超し、県内でも大きな祭りとなっている。

1日目(やっさいもっさい踊り大会)[編集]

やっさいもっさいは、1974年に、木更津港まつりの一企画として開始された踊りである。

2日目(花火大会)[編集]

中の島大橋を越えた先にある中の島公園から例年8000発以上の花火が打ち上げられる。尺玉の大連発や、超特大スターマインの打ち上げなどが行われる。 花火は東京湾アクアライン上にある海ほたるでも見物することができる。

2011年は東日本大震災の影響により中止が決定した[1]。1日目のやっさいもっさいは時間変更の上開催。

打ち上げ実績
年度 打ち上げ数
2008年 約8400発[2]
2009年 約9200発[3]
2010年 約9000発[4]
2011年 東日本大震災の影響により中止

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]