木暮陶句郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木暮 陶句郎(こぐれ とうくろう、1961年10月21日 -)は、日本の俳人陶芸家。 本名は木暮宏明

経歴[編集]

俳歴[編集]

1993年、俳句雑誌「ホトトギス」投句開始 稲畑汀子、廣太郎に師事。1998年、日本伝統俳句協会賞、花鳥諷詠賞を受賞。2002年「ホトトギス」同人。2009年、村上鬼城賞正賞を受賞。 2011年俳句雑誌「ひろそ火」を創刊主宰。現在 群馬県俳句作家協会副会長、NHK学園俳句講座講師、日本伝統俳句協会会員、俳人協会会員、日本文藝家協会会員 他。

陶歴[編集]

南雲龍および南雲陽に師事。 1975年、14歳で陶芸と出会い、以後作陶を始める。1997年、伊香保焼陶句郎窯を開く。2002年、2006年、日本美術展覧会[日展]入選。群馬県美術展受賞7回。「ぐんまの達人(文化・芸術)」。横浜高島屋、新宿京王百貨店、熊谷八木橋高崎高島屋などで個展多数。

著書[編集]

句集『陶然』朝日新聞出版(2003年) 句集『陶冶』朔出版(2020年) 句集『薫陶』ふらんす堂(2021年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

[1]