木戸豊吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木戸豊吉

木戸 豊吉(きど とよきち、文久2年8月24日[1]1862年9月17日) - 昭和2年(1927年3月15日)は日本の政治家。衆議院議員京都府会議長

略歴[編集]

1862年(文久2年)8月に丹波国上胡麻村(現京都府南丹市)に生まれる。京都府師範学校を卒業後、上京し、1890年(明治23年)に和仏法律学校(現法政大学)を卒業する。

帰郷後、胡麻郷村村長に就任し、1910年(明治43年)10月に第10回衆議院議員総選挙補欠選挙に出馬し当選する[2]

衆議院議員の任期満了後、京都府会議員、同議長を務め、1921年(大正10年)に京都府知事若林賚蔵と対立し退任する。

その後、1924年(大正13年)に第15回衆議院議員総選挙に出馬し当選する。

1927年(昭和2年)3月15日に死去。66歳。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、3頁。
  2. ^ 『官報』第8196号、明治43年10月14日。

参考文献[編集]

  • 『日本人名大辞典』(講談社
  • 『新代議士名鑑』 加藤紫泉著