木庵性トウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「木庵性瑫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
木庵性瑫
1611年 - 1684年
Portrait of Muan Kita chobei Inscription by Muan Triptych hanging scrolls color on paper Kobe City Museum.jpg
木庵像 喜多長兵衛筆 木庵自賛
紙本着色 神戸市立博物館
諡号 慧明国師
生地 福建省泉州府晋江県
宗派 臨済宗黄檗派(黄檗宗)
寺院 太平寺、福済寺普門寺、黄檗山萬福寺
費隠通容隠元隆琦

木庵性瑫(もくあん しょうとう、万暦39年2月3日1611年3月16日)- 貞享元年1月20日1684年3月6日))は、江戸時代前期に国から渡来した臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。俗姓は呉氏。福建省泉州府晋江県の出身。勅諡号は慧明国師。

生涯[編集]

16歳で出家して開元寺の印明の門に入った。1629年得度し、杭州天童山西湖等を歴参して、28歳の時には、金粟山費隠通容に参禅した。費隠の許で、副寺・侍者から知賓を経て維那にまでなった。その後も、紹興天台山等を遍歴した。

1648年には、天童山の費隠の許に行こうとするも戦乱のために果たせず、中国黄檗山に登り隠元隆琦からその法を受けた。1650年より剣石の太平寺に晋住した。1653年には太平寺の住持を即非如一に譲った。

1654年に来日していた隠元に招かれ1655年に来日、長崎福済寺の住持となった。1660年摂津国の普門寺、1661年山城国宇治の黄檗山萬福寺に入り、1664年9月4日、隠元の法席を継いだ。翌1665年江戸にくだり4代将軍徳川家綱に謁見し、優遇された。江戸紫雲山瑞聖寺を初め10余寺を開創し、門下も50余人に及んだ。1669年、将軍より紫衣を賜った。

1680年2月、黄檗山の法席を第3代の慧林性機に譲り、山内の紫雲院に隠退した。1684年1月20日、病により没した。享年74。

能書家としても知られ、その書風は中国人ならではのものがあり、隠元、即非とともに黄檗三筆と称されている。三人には共通した書風があり、隠元の「穏健高尚な書」、木庵の「雄健円成の書」、即非の「奔放闊達な書」と評され「唐風」あるいは「黄檗風の書」として珍重されている。

関連項目[編集]

先代:
隠元隆琦
黄檗宗
萬福寺第2代
次代:
慧林性機