木川かえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木川 かえる(きがわ かえる、1922年8月22日 - 2005年3月4日)は、日本漫画家、ジャズ漫画家。本名は木皮 一夫(きがわ かずお)。滋賀県近江八幡市出身。日本漫画家協会参与 京都支部長。1992年から1999年まで京都精華大学芸術学部漫画学科講師。

来歴・人物[編集]

父は銀行員でヴァイオリン尺八を演奏するなど風流人であった。自身もそんな縁で演芸などに興味を持つ。子供の頃から絵を描く事も好きで学生時代から新聞等に投稿をしていた。滋賀県立八幡商業高等学校卒業後父の勧めで銀行員になる。戦時中は従軍、戦後は進駐軍でジャズ映画音楽BGMに米軍相手に絵を描く漫画ショウを始める。これがジャズ漫画の原点となる。戦後は本格的に漫画家を目指すも当時駆け出しだった手塚治虫と出会い、彼の画力に漫画家を断念(その後も手塚治虫は友人として長い付き合いがあった)。社会人をしながら独自で雑誌、新聞等の挿絵、イラストなどの投稿で生計を立てる。

1964年吉本興業に入り、得意の漫画を描く舞台「ジャズ漫画」で舞台に立つようになる。その後はテレビ、個展、エッセイなど幅広く活躍。

2002年11月に肝臓がんを告白。2003年8月に復帰し精力的に舞台ルミネtheよしもとにも出演。

2005年に腎不全で故郷の滋賀の病院で死去。

風貌は大柄でひょろっとし大柄でベレー帽を斜めに被り、大きな黒ぶちのメガネが特徴。芸は舞台を暗転し、蛍光塗料で映画音楽などをBGMで流しながら客からのお題の下の名前を貰い、それをまず用紙の隅に書き、そこから浴衣姿で涼みながら線香花火をする女性を描くのが特徴だった。他にも風刺画や色っぽい絵も描いた。尚描いた絵は客にプレゼントしていたが蛍光塗料を使っていたため暗い所でしか見えなかった。

弟子には木川かじかフロッグ西嶋等がいる。

2013年上方演芸の殿堂入り

受賞[編集]

著書[編集]

  • かえるも昭和をふりかえる
  • ぼくは人生のすべてを漫画から学んだ

関連項目[編集]