木崎良平 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木崎 良平(きさき りょうへい、1924年11月17日 - )は、日本西洋史学者、立正大学名誉教授。日露交渉史を研究した。

来歴[編集]

大阪府守口市生まれ。召集をへて、京都大学西洋史学科卒。1964年、「「ルーシ」という語の意味に関する歴史的一考察 」で京大文学博士1951年鹿児島大学文理学部助教授。1965年教養部教授、のち1971年に教養部長。1976年、立正大学教授1995年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

共編・記念論集[編集]

  • 漂海紀聞 文化九・十三年薩摩永寿丸、カムチャッカ漂流記 井田好治共編. 鹿児島大学教養部歴史研究室、1965.
  • 世界史説苑 木崎良平先生古稀記念論文集 編集委員会、1994.11.

参考文献[編集]

  • 「ピーター大帝」著者紹介
  • 佐藤進「木崎良平先生をお送りする」立正大学文学部論叢101、2005年3月20日