木島袈裟雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木島 袈裟雄(きじま けさお、1889年明治22年)11月20日 - 1965年昭和40年)2月10日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

長野県出身。1911年(明治44年)5月、陸軍士官学校(23期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官。

1938年(昭和13年)5月、特設の歩兵第123連隊長に就任し、日中戦争に出征。同年7月、歩兵大佐に昇進。武漢作戦南昌作戦湘作戦などに参戦。1940年(昭和15年)4月に復員留守第6師団司令部附となる。1940年(昭和15年)8月、再編成された歩兵第123連隊長に就任。

1943年(昭和18年)3月、陸軍少将に進級し、第17歩兵団長に発令された。同年5月、第8方面軍隷下となり、西部ニューブリテン島の守備を担当。ブーゲンビル島の戦いに参戦。1944年(昭和19年)7月、独立混成第38旅団長に就任。ブーゲンビル島に残留しオーストラリア軍と戦闘を交える中で終戦を迎えた。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。