木子幸三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
きご こうざぶろう
木子 幸三郎
生誕 1874年明治7年)8月29日
東京市赤坂区
死没 (1941-02-14) 1941年2月14日(66歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 帝国大学工科大学建築学科
職業 建築家
木子清敬
所属 住友臨時建築部→宮内省内匠寮技師→木子建築事務所

木子 幸三郎(きご こうざぶろう[1]1874年明治7年)8月29日 - 1941年昭和16年)2月14日)は、日本の建築家。皇室関係の建築を多く手がけたことで知られる。族籍は東京府士族[2]

経歴[編集]

1874年(明治7年)、宮内省内匠寮技師の木子清敬の二男として東京市赤坂区に生まれた(弟に、同じく建築家の木子七郎がいる)。1901年(明治34年)、東京帝国大学工科大学建築学科選科を修了し、大阪の住友建築部に入る。

1902年(明治35年)、一年志願兵として入隊。除隊後、東宮御所造営局勤務となる。1907年(明治40年)宮内省内匠寮技師となる。1919年(大正8年)、欧米留学を命じられる(翌年帰国)。

1922年(大正11年)宮内省を退職し、東京に木子建築事務所を設立する。1941年(昭和16年)、死去した。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

木子家

京都府、東京府豊多摩郡千駄ヶ谷町大字原宿[2]

  • 父・清敬(建築家)
1845年 - 1907年
  • 姉・てい(京都士族、村岡恒利に嫁ぐ)[2]
1871年 -
1882年 -
  • 七郎(建築家)
1884年 - 1955年
  • 妹・富子千葉、石渡信三の長男泰輔に嫁ぐ)[2]
1889年 -
  • 妻・ふみ福井、三好市太郎の養子)[2]
1884年 -
  • 女・槇子[2]
1905年 -
  • 男・清一[2]
1907年 -
  • 二男・清春[2]
1910年 -
  • 三男・清忠[2]
1913年 - 1995年
親戚

主な作品[編集]

旧竹田宮邸 洋館
旧十二銀行函館支店
建造物名 所在地 指定 備考
/旧渡邉千秋邸洋館
(現・トヨタ蓼科記念館)
1905年(明治38年) 20長野県茅野市 移築、非公開
/竹田宮邸洋館
(現・グランドプリンスホテル高輪貴賓館)
1911年(明治44年) 13東京都港区 片山東熊と共同設計
/旧小樽区公会堂(現・小樽市公会堂) 1911年(明治44年) 01北海道小樽市
/旧高松宮翁島別邸日本館
(現・福島県迎賓館
1923年(大正12年) 07福島県猪苗代町 重要文化財
/旧十二銀行函館支店
(旧函館信用金庫本店)
1926年(大正15年) 01北海道函館市
/富士屋ホテル食堂 1930年(昭和5年) 14神奈川県箱根町 登録有形文化財
/三共品川工場本館 1932年(昭和7年) 13東京都品川区
/鈴木忠治邸(現・駐日ローマ法王庁) 1934年(昭和9年) 13東京都千代田区

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 木173 清逸辞令其壱<木子幸三郎> 東京都立図書館のサイトに示された読み。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第6版』き21頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年7月29日閲覧。
  3. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 日本の美術 448号「日本人建築家の軌跡」(田中禎彦著、2003年 至文堂発行)。
  • 『帝国大学出身人名辞典 第1巻』(2003年、日本図書センター発行/底本は帝国大学出身名鑑、1932年、校友調査会発行)。

外部リンク[編集]