木原直哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木原 直哉(きはら なおや、1981年7月23日 - )は、日本ポーカーの選手。北海道名寄市出身[1]

人物[編集]

北海道名寄市生まれ。北海道旭川東高等学校を卒業後、東京大学に入学。東京大学在学中には将棋部に所属しつつ、バックギャモンのプレーヤーとしても活動。大学には通算8年在学し、2011年3月東京大学理学部地球惑星物理学科卒業。その後プロのポーカー選手となり、同年の世界ポーカー選手権大会 に初参戦。メインイベントで入賞し、賞金$19,359を獲得。[1]

2012年の第42回世界ポーカー選手権大会 (2012 World Series of Poker) において、6月18日から20日にかけて行なわれたトーナメントナンバー34、「ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」に参加し、日本人選手としては初めて世界選手権での優勝を果たした[2]。優勝賞金は$512,029、参加者数は419名であった。

2013年に開催されたL.A. Poker Classic $10,000 No Limit Hold'em Championshipでは9位入賞。賞金$96,780を獲得。

同年9月、ポーカーニュースサイトのPokerListingsから「Most Inspiring Player(最も感動させるプレイヤー)」に選ばれた。 [3]

著作[編集]

書籍[編集]

DVD[編集]

  • 『東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考 [DVD]』(2014年、ビズハーツ)

受賞[編集]

  • 名寄市長特別賞(2012年11月27日)
  • 「Spirit of Poker Awards 2013」で「Most Inspiring Player」を受賞(2013年9月12日)

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b “東大卒ポーカー世界一 賞金4000万”. 日刊スポーツ. (2012年6月22日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120622-971145.html 2012年6月22日閲覧。 
  2. ^ 43rd Annual World Series of Poker, Event #34: Pot-Limit Omaha / Six Handed”. 2012年6月22日閲覧。
  3. ^ Most Inspiring Player Naoya Kihara: Use Your Own Style and Enjoy the Game”. 2014年3月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]