木下隆利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木下 隆利(きのした たかとし、1952年 - )は、日本化学者。専攻は高分子化学。国立大学法人名古屋工業大学理事学長

人物・経歴[編集]

長野県南安曇郡豊科町(現安曇野市)生まれ[1]。1975年名古屋工業大学工学部繊維高分子学科卒業。1977年同大学院工学研究科繊維高分子工学専攻修士課程修了[2]。1984年東京工業大学工学博士[3]。2001年名古屋工業大学教授。2006年名古屋工業大学副学長。2020年名古屋工業大学学長。専門は高分子化学[4]。公益財団法人永井科学技術財団評議員も務めた[5]

受賞・栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「名工大次期学長、副学長の木下氏 /愛知」毎日新聞2019年10月18日
  2. ^ 「木下 隆利 (キノシタ タカトシ)」名古屋工業大学
  3. ^ 東京工業大学 , 工学博士 , 乙第1379号 , 1984-10-31
  4. ^ 名工大新学長、木下氏を選出 中日新聞2019年10月17日 00時28分
  5. ^ 役員等の名簿公益財団法人 永井科学技術財団
  6. ^ a b c d 「木下 隆利」researchmap
先代:
鵜飼裕之
名古屋工業大学学長
2020年 -
次代:
-