木下聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 聡(きのした さとし[1]1976年[1] - )は、日本の歴史学者東京大学大学院人文社会系研究科助教。専門は日本中世史。岐阜県出身[1]

略歴[編集]

  • 2001年3月 東京大学文学部卒業[2]
  • 2003年3月 東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了[3]
  • 2007年3月 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学[4]
  • 2016年4月 東京大学大学院人文社会系研究科助教[5]

単著[編集]

  • 『中世武家官位の研究』吉川弘文館、2011年
  • 『室町幕府の外様衆と奉公衆』同成社、2018年
  • 『斎藤氏四代:人天を守護し、仏想を伝えず』ミネルヴァ書房 (ミネルヴァ日本評伝選) 、2020年

編著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 木下 聡”. 吉川弘文館 (2012年12月). 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ 『東京大学日本史学研究室紀要』6号、p.201
  3. ^ 『東京大学日本史学研究室紀要』8号、p.294
  4. ^ 『中世武家官位の研究』p.1
  5. ^ http://www.l.u-tokyo.ac.jp/teacher/database/267.html?phpMyAdmin=c53873f5a43613de1640d5512da37328&phpMyAdmin=oNfe8iIKovE07NDvuySfVA3WzB2