木下正史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 正史(きのした まさし、1941年4月6日[1] - )は、日本の考古学・歴史学者、東京学芸大学名誉教授。

略歴[編集]

東京生まれ。1964年東京教育大学文学部卒業。同大学院修士課程修了、奈良国立文化財研究所、同飛鳥藤原宮発掘調査部考古第二調査課長、東京学芸大学教授、2016年定年退任、名誉教授。元日本文化財科学会会長[2]

著書[編集]

  • 『飛鳥・藤原の都を掘る』吉川弘文館 1993
  • 『地中からのメッセージ藤原京 よみがえる日本最初の都城』中公新書 2003
  • 『飛鳥幻の寺、大官大寺の謎』角川選書 2005
  • 『よくわかる古代日本の全体像 知識ゼロから学ぶ日本史の原点』新人物往来社 2011
  • 『日本古代の歴史 1 倭国のなりたち』吉川弘文館 2013
  • 『古代の漏刻と時刻制度 東アジアと日本』吉川弘文館、2020年

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ PRESIDENTS 当会歴代会長 日本文化財科学会 2018年10月28日閲覧