木下東一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木下 東一郎(きのした とういちろう、1925年1月23日 - )は日本の理論物理学者量子電磁力学の分野で、特に電子異常磁気能率の理論による計算を精密に行い、観測と理論が10桁という高い精度で一致することを示した。

略歴[編集]

東京で生まれ、1952年東京大学で学位をとった後、渡米。プリンストン高等研究所コロンビア大学で研究した。1958年にコーネル大学助教授、1963年同教授になり1995年までコーネル大学の教授職を務めた。1990年、アメリカ物理学会からJ・J・サクライ賞、1998年IUPAP SUNAMCOメダルを受賞した。