木下康介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木下 康介 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キノシタ コウスケ
ラテン文字 KINOSHITA Kosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-10-03) 1994年10月3日(26歳)
出身地 東京都大田区
身長 190cm[1]
体重 85kg
選手情報
在籍チーム 浦和レッドダイヤモンズ
ポジション FW
背番号 16
利き足 右足
ユース
2001-2006 ドリームスSC(大田区立梅田小学校)
2007-2009 横浜FCジュニアユース(大田区立大森第三中学校
2010-2012 横浜FCユース(東京都立美原高等学校
2013-2014 ドイツの旗 SCフライブルクU-19
2014-2016 ドイツの旗 SCフライブルク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016 ドイツの旗 FC08ホンブルク 4 (1)
2017-2018 スウェーデンの旗 ハルムスタッズBK 56  (17)
2019 ベルギーの旗 シント=トロイデンVV 2 (1)
2019-2021 ノルウェーの旗 スターベクIF 41 (6)
2021- 日本の旗 浦和レッドダイヤモンズ
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

木下 康介(きのした こうすけ、1994年10月3日 - )は、東京都港区生まれ[2][3]大田区出身のサッカー選手Jリーグ浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはFW

来歴[編集]

友人の影響で小学2年時からサッカーを始め、幼少時代より頭1つ背が高かったことから当初はゴールキーパーをやっていたが次第にディフェンダーミッドフィールダーとポジションを上げて、小学4年時よりフォワードとしてプレーを始めた[3]。数あった選択肢の中から後に恩師と語る浮嶋敏が指導する横浜FC Jrユースへと進み、同ユースに昇格[3]日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会で2011年と2012年の2年連続で大会得点王となり[2]、世代別代表にも招集された。ユースチームに在籍しながら、2012年シーズンの6月には2種登録選手としてトップチームにも合流した[4]

ユース昇格時より海外挑戦の意向を伝えており[3]2011年、高校3年時の夏には関係者を介しプレミアリーグのマンチェスター・シティFCにビデオと履歴書を送って入団テストを打診。監督直筆の招待状をもらい、シティが英国への渡航費と滞在費を全額負担して7月30日から2週間、テストを受けた[2]。監督をはじめクラブ幹部から入団の勧誘を受け、2011年10月3日に英国でプロ契約が可能となる18歳の誕生日の2012年10月3日を待って、シティからも正式に入団オファーを受けた[3][5]

2013年1月1日、トップチームの試合出場までには時間がかかることを懸念し、より即戦力に近い選手として認められチーム事情や将来的な育成方針を考え合わせ、同じく練習参加していて非常に熱心に勧誘されたドイツ・ブンデスリーガ1部のフライブルクと複数年のプロ契約を交わし[2][3]、同U-19に移籍した。約半年で同セカンドチームへ合流した直後の2013年8月、U-19日本代表スペイン遠征で足を負傷し、完治を待たず無理してプレーを続けたことで以後2年にわたり怪我に苦しむこととなった[3]

2016年、フライブルクのトップチームに昇格することができずに、4部リーグのFC08ホンブルクへ加入[6]

2017年1月にスウェーデン1部のハルムスタッズBKへ移籍した[7]、2018シーズンには同2部でキャリアハイの13ゴールを記録した[3]

2019年1月18日ベルギー1部のシント=トロイデンVVへの移籍が発表された[8]。2月9日、第25節のワースラント=ベフェレン戦で途中出場を果たすと、移籍後初得点を決めて勝利に貢献した[9]。同年7月22日、ノルウェー1部スターベクIFへ移籍[10]。2021年7月19日、シーズン途中の退団と日本への帰国が発表された[11]

欧州を含む数クラブから話があった中から「新しい挑戦がしたい」として浦和レッズでのJリーグ初挑戦を決断[3]。2021年8月12日、J1リーグ・浦和レッズへの加入が発表された[12][13]。8月25日、J1リーグ第26節サンフレッチェ広島戦で後半途中より出場しJリーグデビューを果たした[3]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2016-17 FC08ホンブルク 7 レギオナルリーガ 4 1 - 0 0 4 1
スウェーデン リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2017 ハルムスタッズBK 20 アルスヴェンスカン 23 1 - 3 2 26 3
2018 スーペルエッタン 29 13 - 1 1 30 14
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
2018-19 シント・トロイデン 18 ジュピラー 2 1 - - 2 1
ノルウェー リーグ戦 リーグ杯ノルウェー杯 期間通算
2019 スターベク 19 エリテセリエン 9 0 9 0
2020 22 5 22 5
2021 10 1 10 1
通算 ドイツ ブンデス4部 4 1 0 0 0 0 4 1
スウェーデン アルスヴェンスカン 23 1 0 0 3 2 26 3
スウェーデン スーペルエッタン 29 13 0 0 1 1 30 14
ベルギー ジュピラー 2 1 - 0 0 2 1
ノルウェー エリテセリエン 41 6 41 6
総通算 99 22 0 0 4 3 103 25

その他の公式戦

  • 2019年
    • ベルギーリーグ・ヨーロッパリーグ プレーオフ 5試合1得点

代表歴[編集]

  • U-17日本代表
  • U-19日本代表

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kosuke Kinoshita”. transfermarkt.de. 2013年1月20日閲覧。
  2. ^ a b c d U―19代表FW木下、日本人高校生初のブンデスリーガーに”. hochi.yomiuri.co.jp. 2013年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 木下康介 (2021年8月29日). インタビュアー:星野浩司. “浦和・木下康介に単独インタビュー クラブ歴代日本人最長身190センチFW! 高3時にマンCからオファー…”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20210828-OHT1T51171.html 2021年8月29日閲覧。 
  4. ^ 横浜FCユースの18歳FW木下康介、フライブルク移籍が決定”. soccer-king.jp (2013年1月20日). 2013年1月20日閲覧。
  5. ^ U-19代表FW木下、マンCを断ってブンデスリーガーに”. gekisaka.jp (2013年1月11日). 2013年1月20日閲覧。
  6. ^ 元フライブルク2軍木下康介、独4部リーグへ日刊スポーツ(2016年10月12日)
  7. ^ 元U-19日本代表FW木下康介、スウェーデンのHBKに加入へ…地元紙がインタビューゲキサカ(2017年1月14日)
  8. ^ シント=トロイデンがFW木下康介の獲得を発表!クラブも期待「強靭さと速さを持つ」(2019年1月18日)
  9. ^ STVV木下康介が終了間際に劇的な決勝弾! 途中出場からわずか“3分”でラッキーボーイに!サッカーダイジェスト(2019年2月10日)
  10. ^ 木下康介がノルウェー移籍 1部スターベクが獲得発表サンスポ 2019年7月22日
  11. ^ Stabæk Fotball (2021年7月19日). “Kosuke Kinoshita takker for seg etter to år på Nadderud.”. Instagram. 2021年8月12日閲覧。
  12. ^ 木下康介選手 加入のお知らせ | トップチームトピックス” (日本語). URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE. 2021年8月12日閲覧。
  13. ^ 浦和が190センチFW木下康介を獲得 ユンカーとは元チームメート”. デイリースポーツ (2021年8月13日). 2021年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]