木下寛之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 寛之(きのした ひろゆき、1947年6月23日 - )は、日本の農水官僚。元農林水産審議官

人物[編集]

1971年、京都大学農学部農業経済学科卒業、農林省に入省する。1989年に水産庁沿岸課長。各課の課長を経て1995年大臣官房予算課長。その後、農産園芸局長、農村振興局長、水産庁長官を経て2003年農林水産審議官となり2006年辞職。

略歴[編集]

  • 1971年4月:農林省入省畜産局畜政課
  • 1978年9月:水産庁漁政部水産流通課課長補佐(総括及び総務班)[1]
  • 1980年9月:経済局国際部国際協力課海外技術協力官
  • 1981年5月:日本貿易振興会パリ・ジャパン・トレード・センター所員
  • 1984年6月:経済局国際部国際協力課海外技術協力官
  • 1984年9月:経済局総務課課長補佐(総括及び総務班)
  • 1985年8月:経済局総務課調査官
  • 1987年11月:大臣官房総務課広報室長
  • 1989年4月:水産庁振興部沿岸課長
  • 1990年8月:食糧庁管理部主計課長
  • 1993年8月:経済局農業協同組合課長
  • 1994年:構造改善局総務課長[2]
  • 1995年:大臣官房予算課長
  • 1997年:林野庁管理部長
  • 1998年:食糧庁総務部長
  • 2000年1月:農産園芸局長
  • 2001年1月:農村振興局長
  • 2002年:水産庁長官
  • 2003年:農林水産審議官
  • 2006年
    • 辞職
    • 独立行政法人農畜産業振興機構理事長
  • 2012年
    • JPPA顧問
    • JA共済総合研究所顧問
  • 2014年:JC総研特別顧問

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『農林水産省名鑑』農林出版社、1994年。
  2. ^ 平成28年度通常総会開催される - ナイスポークチバ推進協議会 生産者の皆様へのお知らせ”. www.np-chiba.jp. 2019年10月17日閲覧。
先代:
渡辺好明
水産庁長官
2002年 - 2003年
次代:
田原文夫
先代:
竹中美晴
農林水産審議官
2003年 - 2006年
次代:
村上秀徳