木下双葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きのした ふたば
木下 双葉
本名 光田 貞子 (みつだ さだこ)
生年月日 (1910-08-09) 1910年8月9日
没年月日 (1938-08-30) 1938年8月30日(28歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市本所区押上町(現在の東京都墨田区押上
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都)
職業 女優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1926年 - 1938年
活動内容 1926年 松竹蒲田撮影所入社
1929年 東亜キネマ京都撮影所移籍
1931年 東活映画社移籍
1932年 宝塚キネマ興行移籍
1933年 大都映画移籍
1938年 在職死亡
配偶者 阿部九洲男
テンプレートを表示

木下 双葉(きのした ふたば、1910年8月9日 - 1938年8月30日)は、日本の女優である[1][2][3]。本名は光田 貞子(みつだ さだこ)で、初期は本名で活動していた[1][2][3]

人物・来歴[編集]

1910年(明治43年)8月9日東京府東京市本所区押上町(現在の東京都墨田区押上[2]に「光田貞子」として生まれる[1][2][3]

1926年(大正15年)、名古屋キリスト教主義学校である旧制・金城女学校(現在の金城学院高等学校)を卒業し[2]、東京に戻って、松竹蒲田撮影所に入社する[1][2][3]。当時は本名を名乗っていた[1]。1929年(昭和4年)、京都に移り、東亜キネマ京都撮影所に移籍した[1][2][3]。1931年(昭和6年)9月、東亜キネマが経営不振に陥り、福西譲治監督の『霧の中の白蓮』を最後に[4]、同社の業務を代行する会社として設立された東活映画社(東活)に移籍する。入社第1作は、後藤岱山橋本松男堀江大生重政順の共同監督による『薩南大評定 万能篇』であった[4]。翌1932年(昭和7年)、河合映画製作社から移籍した阿部九洲男の売り出し作品、古海卓二監督の『評判影法師』に木下も出演する[1]。この後、木下は阿部九洲男と結婚している[1]。同年10月には東活は早くも解散、人員の受け皿として設立された宝塚キネマ興行に移籍した[1]。さらに翌年の1933年(昭和8年)7月、宝塚キネマで賃金未払いが起き[5]、夫となった阿部九洲男ともども同社を去り、河合映画の後身・大都映画に移籍した[1][3][6]

大都映画では、幹部女優のひとりとして待遇され、琴糸路佐久間妙子とともに吉村操監督の『三巴女白浪』(1937年)に出演し、一文字お仙役で評判となった[1]

1938年(昭和13年)、佐伯幸三監督の『喧嘩屋五郎兵衛』を撮影中、盲腸炎を患って倒れる[1][3]。夫の阿部九洲男は同社の社員一人一人に輸血を依頼し、多くの者が献血に協力するも及ばす、同年8月30日、腹膜炎を併発して死去した[1][3]。満28歳没。わずか10年のキャリアで140作以上に出演した[4]

おもなフィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 無声映画鑑賞会[2005]、p.176.
  2. ^ a b c d e f g 『芸能人物事典 明治大正昭和』、日外アソシエーツ、1998年、「木下双葉」の項。
  3. ^ a b c d e f g h 『写真集 もう一つの映画史 懐しの大都映画』ノーベル書房、1992年、87頁。
  4. ^ a b c 木下双葉日本映画データベース、2009年11月9日閲覧。
  5. ^ 御室撮影所立命館大学、2009年11月9日閲覧。
  6. ^ 無声映画鑑賞会[2005]、p.127。

参考文献[編集]

  • 『芸能人物事典 明治大正昭和』、日外アソシエーツ、1998年
  • 『無声映画俳優名鑑』、無声映画鑑賞会編、マツダ映画社監修、アーバン・コネクションズ、2005年
  • 『写真集 もう一つの映画史 懐しの大都映画』、ノーベル書房、1992年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]