木下博信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木下 博信
きのした ひろのぶ
生年月日 (1964-11-24) 1964年11月24日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都足立区
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 草加市議会議員
所属政党 無所属
公式サイト 木下博信 Official Web Site

選挙区 南第1区 草加市
当選回数 1回
在任期間 2015年4月30日 -

当選回数 3回
在任期間 2001年8月8日 - 2010年10月27日

当選回数 2回
在任期間 1993年 - 2001年
テンプレートを表示

木下 博信(きのした ひろのぶ、1964年11月24日 - )は、日本政治家埼玉県議会議員(2015年 - )。埼玉県草加市長(2001年 - 2010年)。草加市議会議員(1993年 - 2001年)。全国青年市長会元会長。

来歴[編集]

  • 1983年3月、埼玉県立春日部高等学校卒業。
  • 1987年3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
  • 1993年8月、草加市議会議員補欠選挙で市議会議員初当選。
  • 2001年8月、草加市長選挙に立候補し初当選。市長就任。
  • 2010年9月、草加市議会より市長不信任案が出され、賛成24、反対5、棄権1で可決。市長の権限により、草加市議会を解散。
  • 2010年10月、草加市議会議員選挙後の臨時市議会において、再度市議会より市長不信任案が出され、賛成23(前回比-1)、反対7(前回比+2)で可決。地方自治法の規定により、草加市長を失職
  • 2010年12月、草加市長選挙に立候補するも、市議会側が擁立する候補に敗れる。
  • 2012年7月、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員[1]
  • 2013年9月、草加駅、谷塚駅、松原団地駅、新田駅で、駅端懇談を始めた[2]
  • 2014年10月、6月に発足した地域政党「ネクスト草加」公認で草加市長選挙に立候補するも、落選する。
  • 2015年4月、埼玉県議会議員選挙に無所属で立候補し初当選。
  • 2015年5月、埼玉県議会会派「無所属改革の会」結成に参加。

草加市議会議員としての活動[編集]

  • 議会改革特別委員会副委員長 
  • 総務文教委員長
  • 監査委員[3]

草加市長としての活動実績[編集]

構造改革特別区域を利用して、様々な改革を行った。結果、草加市からの構造改革特区提案数は市町村では、全国一位となった[4] 草加市の生産性(人口1人当たりの行政コストと人口千人当たりの職員数から評価)が全国で一位となった[5]

草加市立病院をめぐる対応[編集]

草加市立病院が、医師不足で産婦人科を休止した経緯を、草加市長として報告(産婦人科医・小児科医不足を考えるシンポジウム)[6]

草加市立病院の産科は医師5人体制で行なっていたが、退職により2005年3月には担当医が3人になってしまったため、当直勤務などを含む安全な医療を遂行出来なくなり、やむなく休止された[7]。2005年10月に就任した高元院長は木下草加市長と協力して、2007年10月には医師五人を集め、産科を産婦人科として復活させた。

草加市長選挙の公約(2010年12月)[編集]

  • 市議会議員定数の大幅削減
  • 市民による住民自治制度
  • 口利き禁止条例の制定[8]

全国的な活動[編集]

関連書籍[編集]

  • 日本ドリームプロジェクト(編) 『市長の夢―19人の青年市長×きむ』 いろは出版、2010年9月ISBN 978-4902097344

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]