木下ちがや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木下 ちがや(きのした ちがや、1971年 - )は、日本政治学者社会運動家明治学院大学国際平和研究所研究員。各種デモ活動法務なども務める。

人物・経歴[編集]

徳島県生まれ。中央大学法学部夜間部卒業後[1]、2011年一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学[2]。2013年論文「アメリカにおける治安法制と国家の正統性―自由主義体制における正統性の確立と動揺」で審査員中野聡貴堂嘉之吉田裕により一橋大学博士(社会学)[3]

専門は政治学[4]東京慈恵会医科大学非常勤講師[5]工学院大学非常勤講師[6]明治学院大学国際平和研究所研究員、明治学院大学社会学部非常勤講師[7]千葉大学非常勤講師[8]東京女子大学非常勤講師[9]などを務め、ポピュリズムの研究などを行う[10]。また、2000年代から社会運動に参加し、レイシストをしばき隊で警察対応を行ったほか、各種デモ活動法務なども務める[11][12]

エピソード[編集]

2018年3月14日森友学園問題に対応していた矢野康治財務省大臣官房長が行方不明になっているとの情報が流布された際、「人の生死にかかわる情報(しかも実名出して)、ソースも明らかにしないでツイッターとかで流布する輩は外道」などと批判した[13]。かつてレイシストをしばき隊で共闘したジャーナリスト菅野完も、矢野が行方不明であるとインターネット上で発言していたが、同日「木下ちがやは、僕にとって、安倍晋三と並ぶパブリッククソエネミーです。」と木下を激しく非難した[14][15]

著作[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「著者略歴」『国家と治安―アメリカ治安法制と自由の歴史』
  2. ^ [1]researchmap
  3. ^ 「博士論文審査要旨」一橋大学大学院社会学研究科
  4. ^ 「衆院選と日本政治 2017」
  5. ^ 「チョムスキーの「アナキズム論」」
  6. ^ [2]KAKEN
  7. ^ [3]明治学院大学国際平和研究所
  8. ^ [4]
  9. ^ 「排外主義運動の系譜と現在-ネオリベラリズムと国家の変容という視角から」在日本韓国YMCA
  10. ^ 「安倍政権に挑む縦と横のポピュリズム 三つどもえ衆院選」朝日新聞2017年10月8日16時33分
  11. ^ [5]
  12. ^ 「(政治断簡)非正社員と政治、どうつなぐ? 論説委員・松下秀雄」『朝日新聞』2013年7月14日付朝刊4面(4総合)
  13. ^ [6]
  14. ^ [7]
  15. ^ [8]

外部リンク[編集]