木下ちがや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 ちがや(きのした ちがや、1971年 - )は、日本政治社会学者社会運動家明治学院大学国際平和研究所研究員。各種デモ活動法務なども務める。「こたつぬこ」として知られる。

人物・経歴[編集]

徳島県生まれ。中央大学法学部夜間部卒業後[1]、2011年一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学[2]。大学院の指導教官は渡辺治加藤哲郎。2013年に論文「アメリカにおける治安法制と国家の正統性―自由主義体制における正統性の確立と動揺」で審査員中野聡貴堂嘉之吉田裕により一橋大学博士(社会学)[3]

専門は政治学[4]東京慈恵会医科大学非常勤講師[5]工学院大学非常勤講師[6]明治学院大学国際平和研究所研究員、明治学院大学社会学部非常勤講師[7]千葉大学非常勤講師[8]東京女子大学非常勤講師[9]などを務め、ポピュリズムの研究などを行う[10]。また、2000年代から反原発運動をはじめとした社会運動に参加し、デモ活動法務なども務める[11][12]。政治学者の大井赤亥は「国会前をはじめとする二〇一一年以降の日本の社会運動のハブ的存在」と評している[13]

アントニオ・グラムシなど近代の革命思想と社会経済学に造詣が深いとされ、エルネスト・ラクラウなど「ポスト・マルクス主義」の理論を日米の社会分析・把握に援用している。

単著に『ポピュリズムと「民意」の政治学――3・11以後の民主主義』、共訳書にデヴィッド・ハーヴェイ著『新自由主義――その歴史的展開と現在』などがあり、『現代思想』『ウェブ論座』などの雑誌にも多数寄稿している。

著作[編集]

著書[編集]

  • 『世界人権叢書54:アメリカ発 グローバル化時代の人権-アメリカ自由人権協会の挑戦』(自由人権協会編、共著)明石書店 2005年
  • 『対テロ戦争と現代世界』(木戸衛一編、共著)2006年
  • 『民主主義・平和・地球政治』(丹野清人,加藤哲郎編、共著)日本経済評論社 2010年
  • 『移動と革命―ディアスポラたちの世界史』(三宅芳夫編、共著)論叢社 2012年
  • 『原発を止める人びと 3・11から官邸前まで』(小熊英二編、共著)文藝春秋 2013年
  • "Japan and the High Treason Incident"(Masako Gavin,Ben Middleton編、共著)ラウトレッジ 2013年
  • 『国家と治安 : アメリカ治安法制と自由の歴史』青土社 2015年
  • 『ポピュリズムと「民意」の政治学 : 3・11以後の民主主義』大月書店 2017年
  • 『「社会を変えよう」といわれたら』大月書店 2019年
  • "Amorphous Dissent: Post-Fukushima Social Movements in Japan" (丹野清人、田中ひかる、堀江孝司編、共著) Trans Pacific Press , 2021

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「著者略歴」『国家と治安―アメリカ治安法制と自由の歴史』
  2. ^ [1]researchmap
  3. ^ 「博士論文審査要旨」一橋大学大学院社会学研究科
  4. ^ 「衆院選と日本政治 2017」
  5. ^ 「チョムスキーの「アナキズム論」」
  6. ^ [2]KAKEN
  7. ^ [3]明治学院大学国際平和研究所
  8. ^ [4]
  9. ^ 「排外主義運動の系譜と現在-ネオリベラリズムと国家の変容という視角から」在日本韓国YMCA
  10. ^ 「安倍政権に挑む縦と横のポピュリズム 三つどもえ衆院選」朝日新聞2017年10月8日16時33分
  11. ^ [5]
  12. ^ 「(政治断簡)非正社員と政治、どうつなぐ? 論説委員・松下秀雄」『朝日新聞』2013年7月14日付朝刊4面(4総合)
  13. ^ 民衆的なポピュリズムと「新しいアナキズム」との交錯”. 2021年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]