木ノ本喜史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木ノ本喜史
居住 日本の旗 日本
研究分野 保存治療系歯学
研究機関 大阪大学
出身校 大阪大学
プロジェクト:人物伝

木ノ本 喜史(きのもと よしふみ)は日本歯科医師歯学者、開業医、大阪大学臨床教授[1]

経歴[編集]

1987年大阪大学歯学部1992年同大学院歯学研究科終了[2]。以後同大学研究生、歯学部病院医員、歯学部助手、テキサス大学サンアントニオ校客員研究員、大阪大学歯学部附属病院講師を経て2005年に開業[2][3]。2009年に大阪大学臨床教授に就任[2]

著作[編集]

  • 木ノ本喜史、恵比須繁之「第13章 外科的歯内治療」『歯内治療学』戸田忠夫中村洋須田英明勝海一郎医歯薬出版、2007年5月、第3版。ISBN 978-4-263-45607-1NCID BA82279071
  • 木ノ本喜史「Chapter3 難症例をつくらないエンド治療 術中感染の予防と制御 ・ Chapter4 エンド治療の最前線 マイクロスコープを使用した歯内療法/マイクロスコープを使用した外科的歯内療法」『エンド難症例 メカニズムと臨床対応』恵比須繁之医歯薬出版〈月刊「歯界展望」別冊〉、2009年11月。NCID BA91901441
  • 木ノ本喜史『臨床根管解剖 基本的知識と歯種別の臨床ポイント』ヒョーロン・パブリッシャーズ〈歯内療法 成功への道〉、2013年6月4日。ISBN 9784864320115NCID BB12696446
  • 『根尖病変 治癒へ向けた戦略を究める』木ノ本喜史、ヒョーロン・パブリッシャーズ〈歯内療法 成功への道〉、2013年6月4日。ISBN 9784864320122NCID BB12696537
  • 『ライフステージと歯内療法 歯の長期保存のために』興地隆史井澤常泰石井信之、木ノ本喜史、デンタルダイヤモンド社〈デンタルダイヤモンド増刊号〉、2013年7月1日。ISBN 9784885102783NCID BB12901341
  • 『偶発症・難症例への対応 病態・メカニズムから考える予防と治療戦略』木ノ本喜史、ヒョーロン・パブリッシャーズ〈歯内療法 成功への道〉、2014年3月25日。ISBN 9784864320191NCID BB15334328
  • 木ノ本喜史 他『臨床力アップにつながる 歯の破折の診断と処置』北村和夫貞光謙一郎デンタルダイヤモンド社〈デンタルダイヤモンド増刊号〉、2014年10月。ISBN 9784885103094NCID BB16801065
  • 『最新 歯内療法の器具・器材と臨床活用テクニック』北村和夫、木ノ本喜史、佐藤暢也澤田則宏ヒョーロン・パブリッシャーズ日本歯科評論別冊〉、2015年5月15日。NCID BB18586291
  • 『抜髄 Initial Treatment 治癒に導くための歯髄への臨床アプローチ』木ノ本喜史、ヒョーロン・パブリッシャーズ〈歯内療法 成功への道〉、2016年7月12日。ISBN 9784864320320

科研費報告書[編集]

  • 『結晶構造制御を行ったハイドロキシアパタイト複合体による新規歯内療法材料の開発』木ノ本喜史〈科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書〉、2016年7月12日。ISBN 9784864320320

映像[編集]

所属団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教室の沿革”. 大阪大学大学院歯学研究科 口腔分子感染制御学講座(歯科保存学教室). 2016年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c 第77回学術講演会開催 ご案内”. 大阪大学歯学部同窓会. 2016年6月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e 木ノ本 喜史”. J-GLOBAL. 科学技術総合リンクセンター. 2016年6月30日閲覧。
  4. ^ (医)きのもと歯科”. 吹田市歯科医師会. 2016年6月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e 院長略歴”. きのもと歯科. 2016年6月30日閲覧。
  6. ^ 専門医一覧 近畿”. 日本歯科保存学会. 2016年6月30日閲覧。
  7. ^ 役員・組織”. 日本歯内療法学会. 2016年6月30日閲覧。
  8. ^ 専門医”. 日本歯内療法学会. 2016年6月30日閲覧。
  9. ^ 協力団体”. 日本歯内療法学会. 2016年6月30日閲覧。
  10. ^ 活動方針・目的・組織”. 日本顕微鏡歯科学会. 2016年6月30日閲覧。
  11. ^ 認定医”. 日本顕微鏡歯科学会. 2016年6月30日閲覧。
  12. ^ 現在の役員”. 大阪大学歯学部同窓会. 2016年6月30日閲覧。