木ノ下城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木ノ下城(きのしたじょう)は、尾張国丹羽郡(現愛知県犬山市)にあった日本の城である。

木ノ下城の碑

城の規模は、南北200m、東西200mほどの正方形であり、南方に二曲輪、三曲輪が構えられ、東側と北側にがあったという。

沿革[編集]

1469年文明元年)、越前国尾張国守護斯波義敏の命により、織田広近(尾張国上四郡守護代織田敏広の弟)は小口城から犬山に移り、木ノ下城を築城し、城主となる。美濃国斎藤妙椿に対する牽制の役割があったという。織田広近は犬山の乾山には戦い用の砦を築いている。

1537年天文6年)、織田信康は乾山の砦に城郭を造営し、犬山城として整備する。木ノ下城は廃城され、織田信康は犬山城に拠点を移す。

1564年永禄7年)、織田信長が犬山城に籠もる織田信清を攻める際、かつての木ノ下城址に宿営し、犬山城攻めの拠点とする(武功夜話による)。

1606年慶長11年)、木ノ下城址に愛宕山[要曖昧さ回避]長泉寺[要曖昧さ回避]延命院[要曖昧さ回避]が建立される。延命院は明治初期の廃仏毀釈神仏分離のため廃止され、延命院の中にあった愛宕神社になる。

1979年(昭和54年)、城跡が犬山市指定史跡となる[1]

所在地[編集]

  • 愛知県犬山市犬山字愛宕
    • 犬山市役所の西、愛宕神社

現在[編集]

  • 犬山市役所の西にある愛宕神社の境内が木ノ下城の一部という。石碑と案内板がある。
  • 愛宕神社の本殿が建つ高台が、木ノ下城の主殿跡といわれている。
  • 境内にある井戸は、「金明水」と呼ばれ、木ノ下城の時代に掘られた井戸と伝えられる。また、愛宕神社の南西約100mにある井戸、「銀明水」も当時に掘られた井戸と伝えられる。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 市指定文化財一覧”. 犬山市. 2013年5月27日閲覧。

関連項目[編集]