期間工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
期間社員から転送)
移動先: 案内検索

期間工(きかんこう)とは、自動車工場電子部品製造工場などで勤務する、期間の定めのある労働契約有期労働契約)を結んで従事する労働者である。雇用主や派遣先企業は期間工とは呼ばず、契約社員、期間従業員、期間契約社員などと呼ぶことが多い。かつては臨時工季節工などとも呼ばれた。期間工に対して、正社員として製造現場に勤務する者を、本工、常用工などという。

業務と待遇[編集]

主に、部品の組み立てなど流れ作業を担うことが多い。作業は苦痛なほど単調であるが、職人的な技術は要求されない上、素人の割には手取賃金居住施設の提供など待遇は良い傾向にあり、認められれば、正社員に採用されるケースも存在する。

2交代制や3交代制などのシフト勤務に加え、数時間の残業が半ば強要されるなどの状況で勤務時間は不規則であることが多い。このため、工場周辺に勤務期間中に宿泊するが無料もしくは廉価で提供されることが普通。契約期間を満了すれば満了金のほか、帰りの旅費を支給する企業もある。近年は、募集条件に「期間工として従事した経験」を求められるケースもあるが、これは期間途中で職場放棄をしないための辛抱強さを判断する材料として見ているとされる。

期間工の傾向[編集]

1980年代:農閑期の農業従事者が出稼ぎとして行うことが多かった。このため、季節工と呼ばれていたこともある。

1990年代就職できないフリーター日系ブラジル人などの外国人労働者の割合が増えている。

2000年代2004年に製造業の派遣労働が解禁され[1]、人材募集の経費削減などのアウトソーシング指向や募集人員、期間に融通が効くなどの要素も重なり、人材派遣業による派遣が活発化した。直接雇用の期間工、派遣期間工ともに募集は減少傾向にあった。2005年あたりから、労働需要の増加と偽装請負問題が社会問題化、更には2007年サブプライム危機2008年リーマン・ショックが発端となり期間工の募集は減った。

2010年代:期間工の募集は拡大している。外的要因としてはリーマン・ショック後の第2次安倍内閣アベノミクス(三本の矢)による、自動車会社の需要の拡大が最大の要因である。内的要因としては需要に応えるための生産拡大と設備投資による生産力増強による。

同時に、接客業やホワイトカラー職のブラック企業社畜といった雇用の問題が表面化した。それにつれ、期間工という存在とその待遇の良さが、これまで知る機会のなかった若年や高学歴層を中心に広く認知された。家電や寝具を含めて住居をほぼ無料で使えるといった待遇と、満了金(雇用期間満了毎に支給されるもの。一般的なボーナスに近い)を調査すると、全国20代・地方都市30代の年収をゆうに超えるため[2]<、無職大卒フリーター地方出身者ニートをはじめとして性別問わず幅広い層から注目を集めている。

期間工に焦点を当てた出版物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]