朝鮮総連本部ビル売却問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
騒動の舞台となった朝鮮総聯本部ビル

朝鮮総聯本部ビル売却問題(ちょうせんそうれんほんぶビルばいきゃくもんだい)とは、2007年6月に発覚した、朝鮮総聯本部ビルの建物及び敷地の不透明な売却に関する問題のことを指す。

発端[編集]

朝鮮総連本部登記移転と仮装売買疑惑[編集]

2007年6月12日メディア各社の報道において、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)の中央本部(東京都千代田区富士見二丁目14-15)の建物及び敷地の登記が、5月31日付けで元公安調査庁長官であった緒方重威代表取締役を務める「ハーベスト投資顧問株式会社」へと変更されていたことが判明した[1]

その後、この所有権移転登記は同2007年6月18日に予定されていた東京地方裁判所における朝鮮総聯への不正融資疑惑に関する判決に続いて予想される整理回収機構による資産の差押を逃れるための仮装売買である可能性が高いことが報じられた。あわせて、土台人の疑惑や日本人拉致などの種々の犯罪に関与したなどとして、破壊活動防止法の適用も視野に入れた捜査・調査が進んでいるとされる朝鮮総聯に対して、調査活動を担当する側である公安調査庁の長官経験者が積極的な方向で関与していたことなどが主に批判された。

経緯[編集]

ペーパーカンパニー疑惑[編集]

緒方はこの売却の約1カ月前の同2007年4月19日にハーベスト投資顧問株式会社の代表取締役に就任しており、同日に同社所在地も中央区内から目黒区柿の木坂の緒方の自宅へと変更されている。一方で同社は関東財務局への投資顧問会社登録および日本証券投資顧問業協会への加盟を行っておらず、実態のないペーパーカンパニーである可能性が高く、緒方もこの事実を認めている[2]

緒方重威による記者会見[編集]

同2007年6月13日に緒方は記者会見を行い、朝鮮総聯本部が差押えられた場合に「在日朝鮮人にとっての大使館[3]がなくなり、彼らが棄民となるのを見るのが忍びない。またその種の施設が存在することが日本の国益に適うと信じている」ために、この取引に関与したと述べた。また、緒方は「この件は土屋公献から依頼された」と発言し、土屋が朝鮮総連の代理人であったことも明らかにした。

またこの取引の発端は、旧住宅金融専門会社(住専)の大口貸付先の会社の元社長で、1998年住宅金融債権管理機構による差押を免れるために仮装売買を行い強制執行妨害で逮捕され有罪となった満井忠男が、緒方と朝鮮総聯の代理人を務めている人権派弁護士で、日本弁護士連合会会長を務めたこともある土屋公献を引き合わせる形で進められたとされる[4]

満井忠男への総連からの報酬[編集]

満井は報酬として朝鮮総聯側から約4億8000万円を受け取っているとされ、一方、資金提供予定者との仲介に立った元銀行員にも同様に約1億円が提供されたとされる。東京地検はこれらの朝鮮総聯からの資金の不透明な流れについても解明を進めており、本件取引全体の問題点も含めて、朝鮮総聯の副議長など現職幹部らからも事情を聞いている。さらには、報酬等の支払いがあったかどうかは不明ではあるが、公安調査庁の現役職員も本取引に関与していたと一部で報道されている。

東京地検による捜索[編集]

上記記者会見同日の13日から東京地検特捜部電磁的公正証書原本不実記録等の容疑でハーベスト投資顧問株式会社及び緒方及び土屋両者の自宅の家宅捜索、さらに両者からの任意の事情聴取を行った。問題の仮装取引においては、約35億円とされる代金の支払い前に登記が行われており、差押を逃れるための脱法・違法行為がなかったかといった点を中心に捜査が進められている。

土屋公献は事情聴取で、「資金提供者は一名で日本人、支払い前の登記は問題ない」「契約書は第三者向けに見せるものと2通作った」「現在は報道で名前を明かせない資金提供者がためらっているが、資金がでれば契約は実行される」と合法性を主張した[5]

土屋公献・緒方による登記戻し[編集]

朝鮮総聯はいわゆる「権利能力なき社団」であるため、登記等の法律行為に関して制限があり、登記を直接行うことはできない。その後、6月18日に土屋および緒方は、総聯本部敷地及び建物の登記を朝鮮総聯側法人に戻したことを発表した。両者の説明によれば、購入資金を用意する予定であった出資者が資金提供を断った為であると登記差し戻しの理由を説明した。

一方、特捜部では、登記が戻されたとしても強制執行妨害等の容疑は消滅しないとして捜査を継続した。

なお、この措置により登記の往復が存在したため、東京都不動産取得税の課税通知をハーベスト投資顧問及び朝鮮総聯の双方に送付した。その額は各々に約8000万円、合計して約1億6000万円となっている[6][7]

東京地裁判決[編集]

6月18日、東京地裁は破綻した16の朝銀信用組合から債務を譲渡された整理回収機構からの訴えに対し朝鮮総聯側全面敗訴の判決を下した。あわせて判決確定前に同建物等の差押強制競売等も可能な仮執行も認める決定を行った。

土屋公献弁護士はこの判決について、「整理回収機構の訴訟は総連組織の壊滅を狙うことが目的。これを許すことは日朝の国交回復の大きな障害となる」と主張した[8]

続いて、6月20日には差押の申し立てに必要な執行文が同地裁から整理回収機構に授与され、これを受けて機構側は申し立ての準備に入った。一方、総聯側も同日に代理人の土屋が会見し、同裁判に対する控訴を断念する方向で調整に入ったと発表した。

逮捕[編集]

6月28日、東京地検特捜部は緒方と満井ら3人を朝鮮総連から35億円の不動産詐欺をした疑いで逮捕した[9]

2007年7月、朝鮮総連は整理回収機構が競売に向け手続きを進めていることに対し「政治的弾圧だ」と批判、また被告らが中央本部の土地建物をだまし取ったとされることに対し「現時点ではだまされたという認識はない」などと述べた[10][11]

緒方容疑者側は総連資金1億円を返還することに加え迷惑料5000万円を朝鮮総連に支払うことで合意、朝鮮総連側と「総連としては緒方容疑者の訴追を積極的に希望するわけではない」という文が盛り込まれた確認書を交わし被告弁護人が東京地検に提出したとされる[12]

不動産・現金詐欺の追起訴[編集]

2007年7月18日、東京地検特捜部は容疑者3人を不動産詐欺で起訴、さらに8月7日、朝鮮総連から土地売買に必要な準備金名目に4億8000万円の現金詐欺をした疑いで緒方と満井の2人を追起訴。被告は現金詐欺については起訴事実を大筋で認めていると報道される[11]

2008年5月23日に不動産詐欺で共犯として起訴された元信託銀行員に対して懲役2年執行猶予4年の有罪判決が確定した[13]

東京地裁一審判決[編集]

2009年7月16日、一審の東京地裁は、朝鮮総連財務担当常任委員と代理人土屋公献弁護士は検察側の都合のいい証言をさせられており、内容が事実ではないなどとする被告の主張を退け[13]、両被告に資金と不動産を詐取する意思があったとし、緒方被告に懲役2年10月執行猶予5年、満井被告に懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡した[14]。この判決を不服として被告、検察側ともに控訴した[15][16]

差し押さえ認定裁判の最高裁判決[編集]

朝鮮総連中央本部の土地と建物は朝鮮総連とは別の会社である朝鮮中央会館管理会の名義となっており、整理回収機構は差し押さえに必要な手続きの認定を求める裁判を起こしたが、2010年6月29日、最高裁は貸付金を回収する目的での差し押さえは現時点では不可能と訴えを棄却し整理回収機構の敗訴が確定した。

一方、最高裁は「名義は違っても施設が実質的に朝鮮総連の資産であることを認める裁判所の判決があれば、差し押さえも可能」との意見も示した[17][18]

整理回収機構は、朝鮮総連中央本部の土地と建物が実質的に朝鮮総連の資産であることの認定を求める裁判も起こしており、一審・東京地裁では勝訴し、2012年の最高裁判決では、朝鮮総連の資産であることが法的に確定した(後述)。

緒方重威による刑事告発[編集]

2010年10月、緒方は自身の一審公判で違法な取調べは無いと証言した検察での満井の取調べを担当した前田恒彦ら検事2人を偽証罪最高検察庁を刑事告発するも、12月に嫌疑なしとして不起訴とした。

検察審査会による批判[編集]

さらに緒方は2011年1月、不服として東京第一検察審査会に審査を申し立てた。同審査会は7月15日付で不起訴相当と議決した。

議決要旨では「検察への不信感が高まっている状況を利用し、自らの逆転無罪を得る好機とみて申し立てたのではないか」と指摘、また「一般市民で構成する検察審なら、法的な論理を飛び越えて起訴に持ち込めるのではないか、との意図が見え隠れする」と異例の申立人への批判を展開した。

2012年3月29日 東京高裁は執行猶予付き有罪とした一審東京地裁判決を支持し、検察側、被告側双方の控訴を棄却した。

総連資産認定裁判の最高裁判決から競売申し立て[編集]

2012年6月27日に最高裁判所で上告が棄却され実質的に朝鮮総連の資産であることを認める判決が確定した[19]

これにより整理回収機構は7月10日朝鮮総連中央本部の土地と建物の競売を申し立てた[20]

その後も競売回避のための返済交渉を続けていたが、政権交代を受け2013年2月に入って決裂[21]2013年3月12日から入札が開始されることとなった[22]

最初の競売では鹿児島の最福寺が45億1900万円で落札したが、納入期限までに資金調達に失敗し、納入済みの5億3000万円の供託金を没収され、二度目の競売にかけられた。

その結果モンゴルに本拠を置く「アヴァールLLC」という企業が50億1000万円で落札したが、その企業の登記情報などに不審な点が多く、売却許可を裁判所が遅らせることとなった[23]その後の調査で売却を許可しない決定を行った。[24]

2014年3月24日、東京地裁は、2回目の入札でモンゴルの企業に次いで2番目となる22億1千万円を提示したマルナカホールディングスへの売却を許可した[25]。朝鮮総連側は、「民事執行法や判例を無視した不当な決定。債務者としての返済額が28億円も減少し、不利益を被る」として、東京高裁抗告を申し立てた[26][27]。朝鮮総連は、3回目の入札を主張している[28]。マルナカは朝鮮総連への貸出などは否定しており[29]、明け渡しを求めており、東京高裁が抗告を棄却した場合、明け渡すこととなる[30]

その後の朝鮮総連[編集]

自民党議員との関連[編集]

この問題において、「仲介役」を果たしたとされる三塚博の元秘書でもある不動産会社元社長満井忠男自民党幹事長中川秀直に献金するなど親密であり、ビル購入の資金集めにおいて自民党議員が役割を果たした可能性が、一部メディアで報じられている。また、同報道では小泉純一郎山崎拓を朝鮮総聯と近い人物として取り上げている[31]

本件の主たる問題点[編集]

  • 既に要職を退いたとはいえ、破壊活動防止法に基づき朝鮮総聯を監視している公安調査庁の元長官と日本弁護士連合会の元会長が、北朝鮮の事実上の代理団体である朝鮮総連と関与していた点
  • 本件取引が資産の差押を逃れるための仮装売買である可能性が高い点
    これは違法行為の可能性もあり、東京地検特捜部が実際に調査を開始している。これは、この事件における最大の問題点といえる。
  • 約35億円とされる代金の支払い前に登記が行われており、さらに結局支払いは行われなかった点

参照[編集]

  1. ^ “朝鮮総聯本部、売却 公安庁元長官経営の投資顧問会社に”. 朝日新聞. (2007年6月12日). http://www.asahi.com/national/update/0612/TKY200706110275.html 2007年6月12日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “朝鮮総連本部取引:ぬぐえぬ不自然さ 緒方氏、土屋氏発言”. 毎日新聞. (2007年6月14日). http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070614k0000e040071000c.html 2007年6月14日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ 北朝鮮日本国交がないため、大使館は日本国内に存在しない。そのため、在日本朝鮮人総聯合会ビザパスポート発行代理業務を行っており、事実上の外交窓口となっている。なお、「外交機関に準ずる機関」扱いのため、地方自治体によっては、課税減免措置を講じている。
  4. ^ “総連本部不正登記 元長官、仲介役の弁護関与 旧住専で仮装売買”. 北海道新聞. (2007年6月18日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/32775.html?_nva=15 2007年6月18日閲覧。 
  5. ^ 時事通信 2007年6月18日
  6. ^ “朝鮮総連本部ビル取得で、都が不動産取得税の課税通知へ”. 朝日新聞. (2007年6月15日). http://www.asahi.com/national/update/0615/TKY200706150204.html 2007年6月15日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “朝鮮総連:本部売却 不動産再取得で、総連にも課税8000万円--都が方針”. 毎日新聞. http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070619dde041040023000c.html 2007年6月19日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ 時事通信 2007年6月18日
  9. ^ “緒方・元公安調査庁長官ら3人逮捕、詐欺容疑で”. 読売新聞. (2007年6月28日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070628it11.htm?from=top 2007年6月28日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ 回収機構は再び和解交渉を 総連「政治的弾圧」と批判, 産経新聞, 2007/07/12.
  11. ^ a b 緒方被告追起訴 まことに不可解な詐欺事件, 読売新聞, 2007年8月8日.
  12. ^ 朝鮮総連 「訴追求めない」 緒方容疑者と確認書, 産経新聞, 2007年7月15日.
  13. ^ a b 【総連事件 判決(2)】「総連委員は検察に盲従しない」…証言の信用性認める(10:20~10:40), 産経新聞, 2009.7.16.
  14. ^ 【総連事件】「総連から金をだまし取ろうと企てた」 緒方被告に懲役2年10月執行猶予5年、満井被告は懲役3年執行猶予5年, 産経新聞, 2009.7.16.
  15. ^ 【朝鮮総連事件】猶予判決を不服として検察側が控訴, 産経新聞, 2009.7.24.
  16. ^ 【朝鮮総連事件】元公安調査庁長官・緒方被告が控訴, 産経新聞, 2009.7.28.
  17. ^ 梁貞兒 在日本朝鮮人総連合会、中央本部が差し押さえの危機, デイリーNK, 2010-06-30.
  18. ^ 朝鮮総連本部の差し押さえ認めず 最高裁、整理回収機構の上告を棄却 「資産証明あれば可能」, 法と経済のジャーナル Asahi Judiciary, 2010年07月21日.
  19. ^ “朝鮮総連本部、競売へ RCC側の勝訴確定 所有権確認訴訟 最高裁”. msn産経ニュース. (2012年6月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120628/trl12062817320005-n1.htm 2012年7月10日閲覧。 
  20. ^ “朝鮮総連本部の競売申し立て=差し押さえへ―RCC”. ウォールストリートジャーナル日本版. (2012年7月10日). http://jp.wsj.com/Japan/node_475625 2012年7月10日閲覧。 
  21. ^ 総連 本部競売逃れ失敗 5月全体大会、初の中止、 産経新聞
  22. ^ 朝鮮総連本部来月12日から入札受け付け日テレnews24
  23. ^ 総連本部の売却許可判断、異例の延期 東京地裁、理由示さず アヴァール社落札
  24. ^ 総連本部のモンゴル企業への売却、許可せず 東京地裁、3回目入札手続きへ
  25. ^ “朝鮮総連本部の売却、地裁が許可 総連は不服申し立て”. 朝日新聞. (2014年3月24日). http://www.asahi.com/articles/ASG3S46MQG3SUTIL012.html 2014-3-25]閲覧。 
  26. ^ “朝鮮総連本部、高松の不動産業者が22億円で落札”. 日本経済新聞. (2014年3月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20013_Q4A320C1CC0000/ 2014年3月25日閲覧。 
  27. ^ “【朝鮮総連売却】執行部、読み甘く「想定外」の落札 組織員からは「もう終わった」”. 産経新聞. (2014年3月24日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140324/trl14032421290006-n1.htm 2014年3月25日閲覧。 
  28. ^ “朝鮮総連売却「到底受け入れられず」不服申し立てへ”. テレビ朝日. (2014年3月24日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023563.html 2014年3月25日閲覧。 
  29. ^ “朝鮮総連中央本部競売 香川の企業が落札 「総連には貸さない」”. フジニュースネットワーク. (2014年3月24日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00265129.html 2014年3月25日閲覧。 
  30. ^ “東京地裁、総連本部の売却許可 抗告棄却なら明け渡しへ”. 47NEWS. (2014年3月24日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032401001743.html 2014年3月25日閲覧。 
  31. ^ 週刊新潮』6月28日号

関連項目[編集]

関連書籍・外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分49.1秒 東経139度44分36.6秒 / 北緯35.696972度 東経139.743500度 / 35.696972; 139.743500