朝鮮総聯中央学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝鮮総聯中央学院
略称 中央学院
設立年 1955年8月16日[1]
本部 日本の旗東京都八王子市
位置 東京都八王子市叶谷町1055[1]  
メンバー 在日朝鮮人
関連組織 在日本朝鮮人総聯合会

朝鮮総聯中央学院(ちょうせんそうれんちゅうおうがくいん)は、東京都八王子市叶谷町に設置されていた朝鮮総連の教育研修機関[2]大阪府東大阪市六万寺町に近畿分校が設置されている[2]。 現在同敷地には、2005年5月から2011年3月まで株式会社アーム電子本社工場が、2012年8月からは株式会社JVISが操業を行っている。

概要[編集]

朝鮮総聯の幹部、学習班(在日非公然活動組織≒労働党員)を養成する学校として1955年8月16日に創立された。また、在日本朝鮮信用組合協会の職員養成も行っていた[1]

日曜日は休日だが、全寮制で外出は禁止されている。また期間中は飲酒は禁止である。

ここでは「総括」と呼ばれる科目があり、参加者は毎日徹底的な自己批判が求められる。

一日の生活[編集]

  • 6時 - 起床
  • 8時 - 朝食
  • 9時~12時 - 学科
  • 12時 - 昼食
  • 13時~17時 - 学科
  • 17時~18時 - 「総括」
  • 18時 - 夕食
  • 19時~ - 「総括」

脚注[編集]

  1. ^ a b c 。設立当初は東京都狛江市にあった。 あまめいし要一郎 (2008年2月3日). “工作員養成所 朝鮮総連中央学院は今どこに・・・”. 武蔵村山市議会議員 あまめいし要一郎の活動報告. 2010年4月11日閲覧。
  2. ^ a b 総聯の各級機関”. 朝鮮新報. 2008年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月11日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]