朝鮮労働党統一戦線部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝鮮労働党統一戦線部(ちょうせんろうどうとうとういつせんせんぶ)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の情報機関。通称は「トンジョンブ(統戦部)」であり、俗に他の党諜報機関とともに「三号庁舎」と呼ばれる。

概要[編集]

1977年金日成の直接命令により新設される[1]。韓国内の民間団体や在日韓国・朝鮮人を含む海外同胞の包摂を担当する機関であり、南北対話と交流も指導している。過去、文化部と呼ばれていた。他の機関と比較して、公然の宣伝工作を行うことが特徴である。外交問題にも直接・間接に関与している。また、日本など海外[2]の親北朝鮮派の結集と組織の構築、反北朝鮮派の孤立化工作と情報宣伝も専門に行っている。最近まで、救国の声放送等の対南地下放送も運営していた[3]1973年には統一戦線部幹部工作員木下陽子(洪寿恵)によって埼玉県在住の母子が拉致される2児拉致事件が引き起こされている。

朝鮮総聯[編集]

2013年以降は、統一戦線部の傘下機関の第225部(旧対外連絡部)が日本の朝鮮総聯を指導しており[4]、日本に対する情報活動の多くは、朝鮮総聯系の貿易会社を隠れ蓑にして行われる。さらに、韓国と北朝鮮の有事の際は、日本にある組織を使用して工作を行うと報道されており、一部には土台人疑惑もある。

また、朝鮮総聯や朝鮮学校から金正日への「忠誠の資金」という献金の形で、外貨の獲得をおこなっている。

米国在住の朝鮮人である在米僑胞の包摂も担当し、獲得したスパイを社会文化部に移設している[5]

洛東江[編集]

日本にある秘密工作機関で、川の名前から命名された洛東江は、社会文化部(当時)の直属組織であるとされる。洛東江の大物工作員曹延楽文世光事件に係わったとされる[6]

北朝鮮の民間団体[編集]

統一戦線部は、北朝鮮国内の民間団体を指揮している。以下の社会団体は、朝鮮労働党の正体を隠すための隠れ蓑である[7]

組織[編集]

『北朝鮮の最高機密』、『朝鮮総連工作員』、『北朝鮮のスパイ戦略』によれば、傘下に以下の組織をもつとされる。

  • 南朝鮮研究所

日本で、韓国の情報を収集する。

歴代部長[編集]

有名な工作員・関係者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『北朝鮮のスパイ戦略』P.217
  2. ^ 北朝鮮から見た海外であり韓国日本中国米国ヨーロッパアジアなど
  3. ^ 安明進『北朝鮮拉致工作員』P.39
  4. ^ 総連、北朝鮮での発言力低下? 指導機関が別組織傘下に 朝日新聞 2013年10月17日
  5. ^ 康明道『北朝鮮の最高機密』P.276、P.320
  6. ^ 張龍雲『朝鮮総連工作員』P.84、P.131
  7. ^ 康明道『北朝鮮の最高機密』P.134
  8. ^ 『北朝鮮のスパイ戦略』P.216

参考資料[編集]

関連項目[編集]