朝鮮人民軍偵察総局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝鮮人民軍偵察総局(ちょうせんじんみんぐんていさつそうきょく)は、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の政府機関である人民武力省傘下の対外諜報特殊工作機関大韓民国(以下、韓国)や第3国に対するスパイ浸透、情報収集、世論工作、暗殺、各種破壊工作、違法な物品の密売・密輸による外貨獲得などを司る。2009年に、朝鮮人民軍総参謀部偵察局朝鮮労働党作戦部朝鮮労働党対外情報調査部が統合して発足した。新たに発足した偵察総局は、総政治局総参謀部と並ぶ人民武力部の三大機関となった。初代総局長は金英哲であり[1][2]2017年9月以前に張吉成(チャン・ギルソン)が金英哲の後継として総局長に就任したと見られている[3]

偵察総局が韓国に亡命していた黄長ヨプ暗殺計画を企て、脱北者に偽装させた工作員を韓国に入国させ、2010年に工作員が韓国当局に逮捕されたことがあるほか[4]、韓国政府により偵察総局が天安沈没事件を主導したと認定されている[5]。また、2011年には偵察総局が韓国の金寛鎮国防長官暗殺計画を企てた疑惑も提起されている[6]2017年マレーシアクアラルンプール金正男が殺害された事件では、李韓永殺害事件の実行犯の1人が課長を務める毒殺専門の偵察総局19課が中心的役割を果たしたと見られている[7]

また、朝鮮労働党国務委員会(旧:国防委員会)傘下の各種機関と共に各国へのサイバー攻撃も担っており[8]2013年3月には、あらかじめオンラインでアクセスしてコンピューターウイルスを仕込んでおいた韓国の金融機関や放送局のコンピューターをいっせいにダウンさせたり[9]、同年秋には、ウイルスが仕込まれたオンライン賭博ゲーム用のコンピュータプログラムを韓国に安く販売し流通させ、外貨稼ぎやサイバー攻撃に利用しようとしたことが判明している[10](詳細は北朝鮮サイバー軍を参照)。

出典[編集]

関連項目[編集]