朝鮮における人糞利用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝鮮の食糞文化から転送)
移動先: 案内検索

本項目では朝鮮半島における人糞の利用について述べる。

農業・畜産への利用[編集]

東アジアの他の地域と同様に、朝鮮半島では、遅くとも李氏朝鮮時代には、人の糞尿を肥料に用いていた[1][2]。また、便所の周囲でを飼育し、人糞を餌とすることもあった[3]

薬用等[編集]

東アジアの他の地域と同様に[4]朝鮮半島でも、ヒトの排泄物およびその関係品に由来する生薬を用いる治療法が存在し、『東医宝鑑』等に記録されている[5]

民間療法薬[編集]

民間療法にも、人糞を用いるものがあった[3]今村鞆「朝鮮人の素人療病禁厭及迷信」『朝鮮風俗集』には以下の6件の人糞を使う療法が記載されている。

  • 人糞を黒飴に包み3日間夜露を受けて丸薬にして呑む
  • 人糞を焼いて歯に含む
  • 人糞を瓦石に塗って熱し、水に入れてその水を飲む
  • 人糞に塩を混ぜて貼る
  • 溝を越えて自分の大便を塗り、また溝を越えて戻る
  • 人中黄 冬に人糞と甘草の粉末を混ぜた物を竹の筒に詰めて地中に埋め、夏に取り出して天日乾燥させ粉にして飲む[6]

人糞を用いた民間療法にはさまざまな方法があったと言われる。現在でも朝鮮半島南西部の一部では、その習慣があるという[要出典]21世紀初頭には、この習慣、特に人糞を含むトンスルを奇異なものとして報道したり、インターネット上で話題としたりする風潮が日本中国、ヨーロッパ等で見られる。

その他、嘗糞といって、子どもが父母の大便を舐めて健康状態を判断する、中国の故事に由来する習慣があり、関連する逸話が残る[3]

ことわざ[編集]

「泣く子に大便を食わせる」と言うことわざがある(日本の類似ことわざは、「傷口に塩を塗る」、「弱みにつけ込む風邪の神」)。[7]

娯楽[編集]

嘗糞が娯楽化し、人糞を舐めてだれの糞かあてる遊びが流行っていた時期があるが、日韓併合後に日本が嘗糞を禁止するとともに廃れる[8]

その他[編集]

三国遺事』によれば、新羅智証王の皇后は、糞の大きさで選ばれたという[3]

朝鮮半島に伝わる神話の中には、山河が神の排泄物によって形成されたというものがある。また、糞は富貴・幸運・長寿等の象徴でもあり、糞を得る夢を見たり、途上で糞を踏むことは運が良いとされた。しかし、一般的には糞に対しては不潔という認識が強く、「糞」を含む成句のほとんどは否定的な意味を持っている[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 崔, 德卿 (2010-10), “東아시아에서의 糞의 의미와 人糞의 實效性(東アジアにおける糞の意味と人糞の実効性)”, 중국사연구 (68): 65 -116, http://webbuild.knu.ac.kr/~china/CHR/chr2010/chr68/chr68-03ChoiDK.pdf 
  2. ^ 기호철; 배재훈; 신동훈 (2013-04), “조선후기 한양 도성 내 토양매개성 기생충 감염 원인에 대한 역사 문헌학적 고찰(朝鮮後期漢陽都城内土壤媒介性寄生虫感染原因に関する歴史文献学的考察”, 의사학 (대한의사학회) 22 (1): 89-132, http://medhist.kams.or.kr/2013/22-1-3.pdf 
  3. ^ a b c d 崔 2006, p. 272.
  4. ^ 漢方医学大辞典編集委員会、「漢方医学大辞典 1 薬物編」、8ページ、株式会社雄渾社、1983年5月発行
  5. ^ 【噴水台】人糞 金南中(キム・ナムジュン)論説委員 中央日報 2010/8/20
  6. ^ 今村鞆『朝鮮風俗集:全』斯道舘、1914年、435ページ
  7. ^ 牛辺さとし『新版 朝鮮カルタ 韓国ことわざ100選』青林堂
  8. ^ 牛辺さとし『新版 朝鮮カルタ 韓国ことわざ100選』青林堂
  9. ^ 崔 2006, pp. 271-2.

参考文献[編集]

  • 崔来沃; 川上新二ほか訳、「糞」、韓國文化象徴辭典編簒委員會編 『韓国文化シンボル事典』 平凡社、2006年ISBN 458213601X