朝谷町 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 垂水区 > 朝谷町 (神戸市)
朝谷町
朝谷町の位置(兵庫県内)
朝谷町
朝谷町
朝谷町の位置
北緯34度39分02秒 東経135度05分32秒 / 北緯34.65056度 東経135.09222度 / 34.65056; 135.09222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hyogo Prefecture.svg 兵庫県
市町村 Flag of Kobe.svg 神戸市
垂水区
地区 塩屋・下畑地区
人口
2021年令和3年)12月31日現在)[1]
 • 合計 898人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
655-0862[2]
市外局番 078 (神戸MA)[3]
ナンバープレート 神戸

朝谷町(あさたにちょう)は、兵庫県神戸市垂水区にある町名。郵便番号は655-0862[2]

地理[編集]

垂水区の東部にある下畑地区の旧集落の南側、塩屋谷川の支流に位置する住宅地域である。この地は、鉄拐山への登山道が続く谷筋であり、朝谷・雲星・向井・関東林山・栗ノ木山・奥唐戸などの小字があった。下畑町の内部に造成されたため、四方を下畑町に接している。丁目には分かれない。地番整理済区域である[4]。すぐ北に第二神明道路が東西に通り、垂水パーキングエリアがある。南部は兵庫県道21号神戸明石線が東西に通る。

歴史[編集]

1983年(昭和57年)から1985年(昭和60年)にかけて、大和団地が「須磨西ネオポリス」として造成した。1985年(昭和60年)に、下畑町字朝谷の一部より成立した[5]

地名の由来[編集]

下畑町の小字「朝谷」に由来する。『神戸の町名 改訂版』では、朝谷は浅い谷からきているとする[6]

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
朝谷町 1985年(昭和60年) 下畑町字朝谷(一部)

世帯数と人口[編集]

2021年(令和3年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
朝谷町 378世帯 898人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

番地 小学校 中学校
全域 神戸市立塩屋北小学校 神戸市立塩屋中学校

交通[編集]

バス[編集]

鉄拐登山口停留所がある。

神戸市営バス
系統 起点 経由バス停 終点
72 須磨一の谷 須磨駅前 離宮公園前 下畑 多井畑厄神 奥須磨公園前 こども病院前経由 須磨一の谷

道路[編集]

都道府県道

施設[編集]

公共
  • 朝谷町集会所
寺社
  • 真王院

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 住民基本台帳に基づく人口(町丁目別・年齢別)”. 神戸市 (2021年12月31日). 2022年2月2日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2022年2月2日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2022年2月2日閲覧。
  4. ^ 神戸市町名一覧表(平成22年7月15日現在) (PDF)”. 神戸市. 2010年8月17日閲覧。
  5. ^ 『垂水の今と昔』、31頁頁。 
  6. ^ 『神戸の町名 改訂版』。 
  7. ^ 神戸市小中学校区一覧”. 神戸市. 2022年2月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 神戸史学会 編 『神戸の町名 改訂版』神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6 
  • 片岡善亀 編 『垂水の今と昔』神戸深江生活文化史料館、1995年。