朝田昌貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝田 昌貴(あさだ まさたか、1963年10月25日 - 2004年12月26日)は、東京都浅草出身のお笑いタレント(主にものまね)。本名同じ。血液型はA型。

来歴・人物[編集]

高輪高校出身。浅草小学校時代から先生や教師のものまねだけは群を抜いており、蔵前中学校(現・浅草中学校)時代は校長に職員室に呼ばれ、全教師のものまねを披露するほどの人気ものだった。

20代の時、天才・たけしの元気が出るテレビ日本テレビ)の企画・北国演歌ツアーに出演し、ものまねの才能を見出されプロに転向する。得意分野は懐メロで18番は美空ひばり全日本そっくり大賞テレビ東京)に出演しチャンピオンになって100万円を獲得する。

その後、ケント・フリックと同じ事務所に所属し、ものまね王座決定戦フジテレビ)に出演してribbonに勝利し、楽屋でribbonにものまねの指導をした。

また、当人が尊敬する淡谷のり子の前で淡谷のり子のものまねを披露しリアクションを得た。しかし、ネタがごく一部の限定された高齢者にしか理解されない為、人気が全くあがらなかった。

心機一転、天地真理と同じ事務所に所属し直すも、持病の糖尿病が悪化し急逝。41歳没。愛称はマッくん。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ものまねレパートリー[編集]

ほか