朝比奈祐未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさひな ゆみ
朝比奈 祐未
プロフィール
愛称 ひな
ひなけつ[1]
生年月日 1991年12月9日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県[2]横浜市
血液型 B型
公称サイズ(2020年[3]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 89 - 59 - 97 cm
カップサイズ G
活動
デビュー 2016年
ジャンル タレント
モデル内容 一般
他の活動 グラビア
事務所 イーツーダイブエンタテインメント
モデル: テンプレート - カテゴリ

朝比奈 祐未(あさひな ゆみ、1991年12月9日[4] - )は、日本グラビアタレントイーツーダイブエンターテインメント所属。神奈川県出身[5]多摩美術大学卒業[6]

来歴[編集]

  • 漫画、アニメ好きが高じ、何かになりきるのが楽しさに気づく。役者を目指し多摩美術大学で演劇を学ぶがワークショップで挫折。在学中は「造形」という特技を活かし、コスプレイヤーとして活動[7]した。
  • 所属フリーだった頃に撮影会のモデルをやっており、そこで現所属事務所の社長にスカウトされたのをきっかけに芸能界入り[8]。当初は一度は挫折した女優業を細々としていたが、2016年6月にグラビアデビュー。
  • 美大生時代に仲間内で制作した自主映画でヌードになるなど、露出に全く抵抗がなかった[9]ことから、露出度は過激なものであったが、疑似要素を排除[10]。以降、「やり尽くされてるので新しいことをやろう」とジャケットでは露出度を抑える、露出は多くても演出に変化をつけている。結果、3枚目のDVDジャケットでは着衣であるなど露出もなく、知名度も一般的にはないものの予約の段階からAmazonでランクイン[10]。発売後はAmazonで1位となり話題となる。
  • 2020年12月18日、「グラビア・オブ・ザ・イヤー2020」(主催:キネマ旬報社)にて、優秀賞に選出される[11]

人物[編集]

  • 趣味はひとりディズニー。ディズニー作品が好きなのはもちろんのこと、施設で働くダンサーが好きなダンヲタであった。
  • 特技はコスプレ造形。コスプレ衣装を作ることであるが、ドレスの類ではなくウレタンを用いての武器や鎧、装備品を作ることを[12]得意とする。
  • 愛称の「ひなけつ」は自分の思いつきで自分の尻をそう言い始めたらファンやグラドル仲間も使うようになってあだ名になった。
  • 週刊プレイボーイ』で発表された2017年「美尻番付」にて東の張出横綱に選出[13]

出演[編集]

ウェブ動画[編集]

  • 「ノーパン ノーブラ宣言!」第1回(2016年6月22日[14] – 8月8日、SmartFLASH、新潮社
  • 「ヒナと一緒に~朝比奈祐未」(2017年6月2日、e-2VR)VR作品
  • 「ヒナにマッサージ~朝比奈祐未」(2017年6月2日、e-2VR)VR作品

雑誌付録[編集]

作品[編集]

イメージビデオ[編集]

  • Cool Beauty(2016年6月24日、スパイスビジュアル)[16]
  • ヒナノココロ (2016年12月23日、スパイスビジュアル)[17]
  • 君のヒナ(2017年5月24日、イーネット・フロンティア
  • あの日、噎せかえる暑さで纏わり付く汗が鬱陶しく嫌気がさした 、でも君を見た瞬間、僕は、あの時の夏に戻ったんだ。(2017年10月27日、エスデジタル)[18]
  • あなた、ごめんなさい。 (2018年5月18日、竹書房)
  • 体験入国(2018年8月24日、イーネット・フロンティア)
  • アサヒナグラフ(2018年10月25日、ワニブックス
  • 恋する僕のひな先生(2019年1月20日、ラインコミュニケーションズ [19]
  • 白夜に見る黒い夢(2019年5月31日、スパイスビジュアル)
  • 遊幻(2019年9月27日、エスデジタル)[20]
  • 悦楽のカルテ(2020年1月17日、双葉社)
  • 琉球悦楽ー終わりなき碧の目眩ー(2020年6月26日、スパイスビジュアル)[21]
  • 蠱惑な林檎 -聖職者の汚されたキャンバス-(2020年10月20日、ラインコミュニケーションズ)[22]
  • AI HINA(2021年2月19日、イーネット・フロンティア)

写真集[編集]

VRソフト[編集]

  • 朝比奈祐未がおれんちに遊びにきた リビングでイチャイチャ編(3DVR)(2018年9月21日、竹書房)
  • 朝比奈祐未がおれんちに遊びにきた V字水着で密着編(3DVR)(2018年9月21日、竹書房)
  • 朝比奈祐未がおれんちに遊びにきた セクシーランジェリー誘惑編(3DVR)(2018年9月21日、竹書房)

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 多摩美卒の注目グラドル・朝比奈祐未、「ひなけつ自撮り」にお尻好き大歓喜!”. Infoseekニュース (2017年2月5日). 2017年5月29日閲覧。
  2. ^ 取材イベント年間500超! アイドルウォッチャー・北川のグラビアアイドルイベントレポート【6月編】”. 週プレNEWS (2019年7月14日). 2020年12月16日閲覧。
  3. ^ 朝比奈祐未 あさひなゆみ”. イーツーダイブ・エンターテインメント. 2020年3月9日閲覧。
  4. ^ “朝比奈祐未、男性もののYシャツをはおっているシーンはおススメ「ドキドキさせます」”. GirlsNews (GirlsNews). (2016年7月6日). http://girlsnews.tv/dvd/272865 2016年7月6日閲覧。 
  5. ^ 取材イベント年間500超! アイドルウォッチャー・北川のグラビアアイドルイベントレポート【2020年2月編】”. 週プレNEWS (2020年3月14日). 2020年12月8日閲覧。
  6. ^ 朝比奈祐未、極小ビキニ姿でローションまみれ! 「初めてのマットプレイ」にファン熱視線”. エキサイトニュース (2020年1月7日). 2020年1月7日閲覧。
  7. ^ “多摩美卒の“クールビューティー”アイドル・朝比奈祐未! デビュー作でモチモチの桃尻と乳首ポッチを披露!!”. メンズサイゾー. (2016年7月16日). https://www.menscyzo.com/2016/07/post_12331.html 2017年5月29日閲覧。 
  8. ^ 【365日グラドル日記(209)】Gカップ巨乳とむっちりヒップが魅力的なグラドル、朝比奈祐未”. サンケイスポーツ (2017年12月23日). 2017年12月26日閲覧。
  9. ^ “「とにかく人を殴りたい」――露出なし、知名度なしの異色DVDで多摩美卒グラドルが話題な理由”. 週プレNEWS (集英社). (2017年5月24日). http://wpb.shueisha.co.jp/2017/05/24/85201/ 2017年10月1日閲覧。 
  10. ^ a b ショートカット美女・朝比奈祐未、胸元からおへそ部分まで引き裂かれた露出の激しいハイレグ水着!”. メンズサイゾー (2017年5月25日). 2017年5月29日閲覧。
  11. ^ 森咲智美が3連覇&殿堂入り! 「グラビア・オブ・ザ・イヤー2020」メーカー4社座談会(2ページ目)”. ガジェット通信 (2020年12月18日). 2020年12月18日閲覧。
  12. ^ 朝比奈祐未、男性もののYシャツをはおっているシーンはおススメ「ドキドキさせます」”. GirlsNews (2016年7月6日). 2017年5月29日閲覧。
  13. ^ 美尻グラドルの頂点を目指す朝比奈祐未「皆さんに見つけてもらったのでお尻を育てていきたい」”. 週プレNEWS (2017年10月4日). 2017年10月8日閲覧。
  14. ^ https://www.youtube.com/watch?v=i6ihyeD0wU4
  15. ^ 朝比奈祐未@5/24 3rdDVD発売”. twitter (2016年11月3日). 2017年5月29日閲覧。
  16. ^ 朝比奈祐未 私と一緒に旅行をしている気分になれます!”. リアルライブ (2016年6月27日). 2017年5月29日閲覧。
  17. ^ Fカップ朝比奈祐未、ムチで叩くドSシーンに挑戦「やっていて楽しかった」”. SANSPO.COM(サンスポ) (2017年1月30日). 2017年5月29日閲覧。
  18. ^ タイトルが長すぎる”. 朝比奈祐未オフィシャルブログ Powered by Ameba (2017年9月25日). 2017年10月1日閲覧。
  19. ^ 朝比奈祐未、過激な露出はOKも「キャピキャピはもうやりたくない」”. マイナビニュース (2019年3月6日). 2020年1月15日閲覧。
  20. ^ 「そこまで見せていいの?」朝比奈祐未、局部ギリギリの脱ぎかけショットに男性ファン大興奮”. エキサイトニュース (2019年9月25日). 2020年1月9日閲覧。
  21. ^ 朝比奈祐未が新作DVDで未亡人に「借金を体で払うため…」|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2020年9月5日). 2020年9月18日閲覧。
  22. ^ 朝比奈祐未、男性の妄想が膨らむ教師役に扮して過激なシーンのオンパレード”. マイナビニュース (2020年11月14日). 2021年1月11日閲覧。
  23. ^ 朝比奈祐未、過激な露出はOKも「キャピキャピはもうやりたくない」”. マイナビニュース (2019年3月6日). 2019年12月12日閲覧。
  24. ^ wanibooks. “朝比奈祐未 ファースト写真集『 アサヒナ画報 』|ワニブックスオフィシャルサイト” (日本語). ワニブックス. https://www.wani.co.jp/sp/event.php?id=5897 2018年6月7日閲覧。 

外部リンク[編集]