朝比奈知泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝比奈知泉

朝比奈 知泉(あさひな ちせん、文久2年4月25日1862年5月23日) - 昭和14年(1939年5月22日)は日本新聞記者、政論家。号は碌堂、他に珂南・河水懶魚・不染盧主人などがある。

経歴[編集]

水戸藩士・朝比奈泰成の次男として、水戸に生まれる。一族が諸生党派であったため明治元年に絶家となり、祇園寺に預けられた。“知泉”はこのとき祇園寺の金牛和尚に名付けられた。のち、明治22年(1889年)憲法公布の恩赦により家の再興が許され、知泉は伯父・泰文の家を継いだ。[1]

明治12年(1879年)に茨城師範学校を卒業し、母校である水戸上市小学校訓導となる。明治14年(1881年)、21歳で上京し、郵便報知新聞で筆を執るかたわら、慶應義塾・欧亜学館などを転々とし、明治15年(1882年)に東京大学予備門、続いて帝国大学法科大学政治学科に学んだ。学業と並行して報知社に入社し、珂南・河水懶魚・碌堂のペンネームで『郵便報知新聞』で執筆し、『国民之友』などにも寄稿し、明治21年(1888年)に『東京新報』が創刊されると初代主筆となり、大学を中退した。

大隈重信の条約改正に反対し、三度発行停止となった。明治24年(1891年)『東京日日新聞』が伊東巳代治の手に移った時から同紙の社説を執筆し、翌年『東京新報』を廃刊して『東京日日新聞』の主筆になる。明治27年(1894年)の条約改正問題、翌年の遼東還付問題をめぐり、政府を擁護する論調にたって、『日本』の陸羯南と激しく論争し、その後二度の発行停止を命じられた。明治29年(1896年)米国・欧州を視察に出発(31年帰国)。この頃から新聞経営の実務を離れる。明治34年(1901年)再び外遊。明治37年(1904年)に『東京日日新聞』社長が加藤高明に移ると、健康を害したためもあって退社した。その後、海軍省及び陸軍省の嘱託となり、『陸軍省沿革史』の編集にあたった。大正12年(1926年)軍関係の仕事もやめ、『万朝報』の編集顧問となった。

昭和14年(1939年)、78歳で死去。墓所は酒門共有墓地

思想と政見[編集]

朝比奈はジャーナリストとして徳富蘇峰や陸羯南と並び称される。彼の政治上の意見は最初からカール・ラートゲン英語版に学んだ国法学を立論の基礎とし、政党と議会を侮蔑し、官僚主導の国家主義を理想とする。「吏閥と貴族を同化」したものが唯一の支配階層である。その法律万能の立場から超然内閣擁護の論陣を張ったことにより、御用記者の第一人者と目されるようになる[2]。同時代のジャーナリストである鳥谷部春汀により、「碌堂は霊魂ある印刷機」と評され、さらに「弁難と嘲罵」に長じ、政治よりも論理、論理よりも討論を得意とするので、円満の政論家とはいえないと指摘されていた。

著書[編集]

  • 『朝比奈知泉文集』(昭和2年(1927年))
  • 『老記者の思ひ出』(昭和13年(1938年))

参考文献[編集]

  • 鳥谷部春汀『明治人物評論』・正(明治31年(1898年)、博文館)

脚注[編集]

  1. ^ 水戸藩の重臣であった朝比奈家の分家であり、幕末の本家当主の朝比奈泰尚は諸生党の中心人物の一人であった。7歳で寺に預けられた知泉は、遊び仲間から「あんたのうちは“かんとう(奸党)”じゃね。」といわれ、平気で「そうじゃ。」と答えていた。ただ尋ねてくる子も知泉も“奸党”の意味も分かっておらず、受け売りをしているに過ぎなかったという。のちに、諸生党の存在意義を明らかにしようと働きかけ、祇園寺の恩光無辺碑(水戸戊辰殉難慰霊碑)や、諸生党の多数が戦死した千葉県匝瑳市の慰霊碑は、知泉の撰文である。
  2. ^ 鳥谷部銑太郎 『明治人物評論・正』 博文館、1898年、9-15p。