朝比奈可長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝比奈 可長(あさひな よしなが、寛永2年(1625年) - 天和2年11月10日1682年12月8日))は、江戸時代前期の柔術家[1]。通称は半左衛門または丹左衛門[1]。名は可良とも書く[1]

経歴・人物[編集]

駿河国出身の人物[1]。初め水野自適斎、のち小栗流創始者の小栗正信に師事する[1]土佐藩山内忠豊に和術師範役として仕えた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『朝比奈可長』 - コトバンク