朝日遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯35度13分17.4秒 東経136度51分18秒

朝日遺跡の位置(愛知県内)
朝日遺跡
朝日遺跡

朝日遺跡(あさひいせき)は、愛知県清須市名古屋市西区にまたがる[1]弥生時代東海地方最大級の環濠集落遺跡で、範囲は東西1.4キロメートル、南北0.8キロメートル[1][2]推定面積80万平方メートルにも及ぶ[要出典]。最盛期の人口は約1,000人であったと推定される[1]

発掘調査は、昭和4年(1929年)から貝殻山貝塚を皮切りに開始されたが、本格的には、名古屋環状2号線国道302号)および清洲ジャンクションの建設工事が開始された、昭和47年(1972年)から始まった。[要出典]

遺跡の概要[編集]

縄文時代末期から弥生時代を中心に栄えた集落遺跡である。集落間の闘争の歴史と住民の生活の変化とその状況の両方を知ることができる。特に弥生時代中期の初頭~後半にかけて[要出典]は、他の集落の住民の襲撃に備え、強固な防御施設を建設していることがわかる[3]。それは、環濠、柵列、逆茂木乱杭などで、集落を二重、三重に囲む強固なものであった[3]。これらは、弥生時代のものとしては日本で初めて発掘されている[3][1]今でも[いつ?]日本の弥生中期遺跡としては最大級である。[要出典]これらの防御施設の発見で、集落が城塞的な姿であったことが分かり、それまでの牧歌的な弥生時代のイメージを「戦乱の時代」へと大きく変える根拠になった[3]。また、方形の墓制(方形周溝墓跡)も発見されており、古墳時代へ変遷の萌芽を窺い知ることができる[4]

  • 発掘時期:昭和4年頃に開始したが、戦後しばらく中断。その後、清洲ジャンクションの建設工事が始まった昭和47年(1972)以来、本格開始。以降、断続的に実施されている。[要出典]
  • 発掘機関:愛知県教育委員会、清須市教育委員会、名古屋市教育委員会、公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団(愛知県埋蔵文化財センター[要出典]
  • 主な遺構:弥生時代の環濠集落の生活設備とその防護設備(環濠、逆茂木、乱杭、竪穴住居[5]、井戸、方形周溝墓、貝塚)弥生時代のヤナ遺構[6]、水田遺構等の生産設備遺構ほか [7]
  • 主な出土品:弥生土器石器、骨角製品、類、銅鐸、木製農具、都市型昆虫・寄生虫ほか[8]
  • 位置づけ 昭和46年、貝殻山貝塚地点を含む約10,000平方メートルが国の史跡に指定された。朝日遺跡全体の出土遺物の多くは貝殻山貝塚資料館で展示されている。かつては、新川町立新川体育会館(現在:清須市新川体育館)でも展示されていた。2012年には出土品一式が国の重要文化財に指定されていた。
  • 遺跡の現状遺跡の中心部を名古屋第二環状自動車道や国道302号、国道22号名古屋高速道路等が通過しており、貝殻山貝塚と検見塚以外、往時の面影はほとんどない。

遺跡の変遷[編集]

縄文時代[編集]

縄文中期末の土器、晩期前半の土器片が出土している。後期前葉にドングリ貯蔵穴が設けられた。

弥生時代[編集]

前期

貝殻山貝塚(国の史跡)や二反地貝塚、検見塚(県指定史跡、貝塚)などを中心にして環濠集落が営まれるが、当初から環濠が巡っていたのかどうかはわからない。

貝殻山貝塚の南で実施された1995・1996の調査では伊勢湾周辺地域で最古段階の遠賀川系土器と最終末段階の突帯文系土器が共伴した。

朝日遺跡の場合、縄文時代の貝塚とは違い、貝層の多くは集落を囲む環濠内に形成される。

中期

中期前葉には、東西にのびる谷に沿う南北の微高地に居住域と墓域が形成され、大まかには、南北に居住域、東西に墓域という配置をとるが、東西の墓域は順調に拡大して中期後半には南北居住域の周囲を取り巻くほどに成長する。中期前半には南北居住域とも大溝で外縁が区画され、南居住域は内部が大溝で区画されるだけでなく、溝や柵でさらに小さく区切られていたようだ。

中期前半の東墓域では方形周溝墓のほとんどが四隅切れ(A4型)でかつ中心埋葬が木棺1基で小口板のピットを残す例が多く、土坑墓や土器棺墓はほとんど伴わない。また、継続して超大型方形周溝墓が造営され、その周りを中小規模の方形周溝墓が取り囲む集塊状の墓域形成が認められる。いっぽう西墓域では、小規模なものやA4型以外の平面形が目立ち、墓域の一角には土坑墓群や土器棺墓も伴うというように、対照的な姿をみせている。

玉作工房は、(1)東墓域の北部、(2)北居住域南縁の別区、(3)北居住域内部の3ヶ所で見つかり、(1)(2)は中期前葉に属し、(3)は中期前葉から中葉まで幅がある。(1)は谷を挟んで南北に少なくとも2つの工房があり、墓域の動向からみて南から北へ移動している可能性が高いが、北の工房域の範囲は100mほどと広い。菱環鈕式銅鐸の石製鋳型はこの北工房域外縁の土坑から出土した。そして、北居住域が環濠で囲まれたことにあわせて(2)や(3)の工房が営まれ、最後には(3)で終末を迎えたとすると、操業規模は大幅に縮小したことになる。

中期後半には再度北居住域を囲むように3~4条の環濠が巡り、谷にかかる部分には柵・逆茂木(さかもぎ)・乱杭などの強固なバリケードが設けられる。柵は二列で、下部に逆茂木が伴う厳重な構造であるが、中期後葉(凹線紋系土器期)に崩壊した。

中央の谷にはマガキを主とする大規模な貝層が形成される。中期後葉にはハマグリを主とする貝層になる。

朝日遺跡の変遷を考える上で無視できないのが、中期後葉の変化である。竪穴建物は円形が消滅してすべて方形・長方形・胴張り長方形になる。方形周溝墓は四隅切れ(A4型)が消滅して一か所切れ(A1型)となり、土器棺を含む複数の埋葬施設を伴い、周溝には供献土器以外の廃棄を伴う例が出現する。とりわけ、特徴的なのが東墓域に人々が住み始めただけでなく、それ以前の方形周溝墓を無視して新たに方形周溝墓を造営する点であり、ここに朝日遺跡の〈歴史的な終焉〉をみることができる。逆に中期後葉は〈新たな歴史の始まり〉といえる。

史跡としては、検見塚があり、弥生時代中・後期の土器・勾玉などが出土している。

後期

南北の居住域はそれぞれ1~2条の環濠で囲まれる(北環濠集落・南環濠集落)が、北環濠集落の東側は中期後半の環濠を再掘削して水路が設けられ、環濠に隣接する1条にヤナ遺構が設置されていた。

墓域は南北の環濠集落それぞれを囲むように営まれる。埋葬施設からガラス小玉が出土するのもこの時期からだが、装身具ではなかったようだ。壺棺には高杯を蓋にするものがあり、日本海側地域との共通性が認められる。

銅鏃や鉄器(斧)が出土し、銅滴が出土した北環濠集落では青銅器が作られた可能性が高い。南環濠集落の南縁では環濠掘削以前に銅鐸が埋納された。

古墳時代以降[編集]

古墳前期の竪穴建物には完全に埋没せず、長期にわたって窪地状になっていたものがあり、ほとんどが廻間III式期から松河戸I式期に属す。朝日遺跡最後の閑散とした状況を髣髴とさせる。

その後は5世紀代の円墳が造られる。貝殻山貝塚資料館内のマウンドは、円墳の可能性が指摘されている。6世紀以後は湿地化して、鎌倉時代には方形土坑群が展開する墓地となる。

発掘調査および文化財指定の歴史[編集]

  • 1929年11月~12月頃 加藤務(津島高等女学校教諭)により貝殻山貝塚を発掘。12月18日に名古屋新聞紙上に発掘調査結果を発表。
  • 1929年12月24日 鳥居龍蔵博士(東京帝国大学)が、貝殻山貝塚と近隣の検見塚を発掘。鑑定の結果、弥生式の遺跡であることが明らかになる。博士はこの2つの貝塚について「貝塚の上が古墳になっている」と、古墳説を展開(検見塚については、今も古墳説が唱えられる)。
  • 戦後、貝殻山貝塚周辺の貝塚や集落跡の調査が盛んになり、「朝日遺跡群」と呼ばれるようになる。
  • 1971年貝殻山貝塚周辺の約1ヘクタールが国の史跡に指定され保存された。
  • 名古屋環状2号線(国道302号)・東名阪自動車道の建設に伴って遺跡調査が始まり、それまで「朝日遺跡群」と呼ばれていた当遺跡が、ひとつの大集落としての朝日遺跡と呼ばれることとなった。
  • 1995年1996年の貝殻山貝塚南側の発掘調査により最古段階の弥生土器(遠賀川系土器)が出土した。
  • 現在も[いつ?]発掘調査は進められている。特に、名古屋市市営住宅の建て替えに関連した調査が行われている。
  • 2012年9月6日付けで出土品2,028点[注 1]が国の重要文化財に指定された[9]。それを受けて2013年3月20日より同年5月19日まで、愛知県と清須市が合同で、貝殻山貝塚資料館での出土品展示会、市内各施設での講演会、スタンプラリーなどを実施した。

主な遺構[編集]

  • 松菊里(ソングンニ、しょうきくり)型住居[5]
韓国忠清南道の検丹里(コムタンニ)・松菊里(ソングンニ)遺跡で検出された住居跡と同じ造りであることからこう呼ばれる[5]
環濠が掘れない谷の部分に設けられた防御施設。
  • 貝層[12]
  • ヤナ遺構[6]
  • 銅鐸埋納遺構[13]
  • 南北の周囲に水田遺構等の生産域
  • 貝殻山貝塚(清須市・国の史跡) - 資料館敷地内に遺構が現存。弥生初期の遺構。一時期、貝塚の上に古墳があるとする説が唱えられた。
  • 検見塚(清須市・県指定史跡) - 東名阪自動車道・名古屋高速「清洲ジャンクション」内(朝日南西交差点の南西側)に遺構が現存。弥生時代中・後期の土器・勾玉などが中心に出土した。出土品と形状から「貝塚である」とする説と、付近からは埴輪片や周溝と思われる溝が検出されているため「はじめは貝塚であったが弥生後期にその上に円墳が作られた」とする説など諸説がある。

主な出土品[編集]

  • 弥生土器 - 円窓付土器、パレス・スタイル土器など
  • 石製品 - 石鏃、磨製石斧、勾玉、管玉など
  • 銅鐸[14]
  • 金属製品 - 巴形銅器など
  • 骨角牙貝製品 - 狩漁具、装身具など
  • 木製品 - 農耕具など
  • 最古型式である菱環鈕式銅鐸の石製鋳型の破片。弥生時代中期初め。銅鐸の分布は近畿山陰地方が主である。

展示[編集]

現地資料館[編集]

愛知県清洲貝殻山貝塚資料館(愛知県立)
住所:愛知県清須市朝日貝塚1
交通:東海交通事業城北線尾張星の宮駅より徒歩10分
展示物等:朝日遺跡出土品(本体、写真)、朝日遺跡発掘調査報告書・写真、竪穴式住居(復元)、貝塚(遺構・国の史跡)
年間来館者数は数千から1万人[1]。資料館は平屋建て約480m2と狭く、建物が老朽化していることから2015年現在建て替えが検討されている[1]

その他[編集]

公式キャラクター[編集]

カネツクリのアサヒくん
2006年に発行された愛知県埋蔵文化センター発行の「発掘調査報告書(DVD版)」の付録として所収。原作は、遺跡の研究員、陰山誠一。大橋よしひこが作画した(大橋よしひこサイト)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 内訳は、土器・土製品 727 点、木器・木製品 253 点、石器・石製品 650 点、ガラス小玉 121 点、金属製品 37 点、骨角牙貝製品 240 点

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「愛知 弥生期の大規模集落 朝日遺跡に新資料館」中日新聞2015年1月6日付朝刊、社会10版26ページ
  2. ^ 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡とは”. 2014年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c d 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 強固な防衛施設”. 2014年8月30日閲覧。
  4. ^ 貝殻山貝塚資料館の展示物やパンフレット(愛知県教育委員会1986年頃発行資料・同年現在の展示)、清須市新川体育会館学習室・図書室資料(書名不明)、新川町立新川小学校図書室にて閲覧した資料、貝殻山貝塚資料館屋外掲示板より一部引用[出典無効]
  5. ^ a b c 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺構編 松菊里型住居”. 2014年8月30日閲覧。
  6. ^ a b 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺構編 ヤナ遺構”. 2014年8月30日閲覧。
  7. ^ 参考文献:http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/asahi/
  8. ^ 森勇一 (1993-04-03). “愛知県・朝日遺跡(弥生時代)における都市型昆虫群集”. 日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 (日本応用動物昆虫学会) 46 (37). http://ci.nii.ac.jp/naid/110001086657/. 
  9. ^ 平成24年文部科学省告示第131号
  10. ^ 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺構編 玉作工房跡”. 2014年8月30日閲覧。
  11. ^ 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺構編 大型方形周溝墓”. 2014年8月30日閲覧。
  12. ^ 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺構編 貝層”. 2014年8月30日閲覧。
  13. ^ 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺構編 銅鐸埋納遺構”. 2014年8月30日閲覧。
  14. ^ 愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室. “朝日遺跡インターネット博物館 朝日遺跡コレクション 遺物編 朝日銅鐸”. 2014年8月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]