朝日の陰で朝食を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝日の陰で朝食を』(あさひのかげでちょうしょくを)は、日本のラジオドラマ作品。シナリオバンク、プレイワークスによるプレイワークスプロジェクトラジオドラマ第2弾。

概要[編集]

JFN系『円都通信 -YEN TOWN REPORT-』にて、2004年5月20日から2004年5月17日まで、全5話放送。2006年1月18日にはavex traxより1万枚限定でCD(CCCD仕様)が発売された。

脚本を担当した季東将司(きとうまさし)はこれが脚本家デビュー作となり、 「小さなカノン」(2008年徳間書店)で小説家デビューも果たしている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

大学に合格し、上京した弦子は念願の一人暮らしを始める。ところが、不動産屋の手続きの手違いで、一週間だけオンボロアパートに住むはめに。ある日、弦子がコインランドリーにいると、変な男に言い寄られてしまう。怖がる弦子の元へ助け舟が!助けてくれた青年・佐々木は弦子の隣の住人だった――。

外部リンク[編集]