出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝方から転送)
日の出

(あさ、あした)は、陽が昇ってから正午までの間のある程度の範囲の時間帯のこと。時には午前と一致する。一般的に人間はこの時間帯に起き、活動を始める。また、この朝という概念は地球上のほとんどの民族に存在する。

朝型[編集]

朝早く起きることが苦でなく、朝早くから何かしらの活動ができる人のことを『朝型』という。人間の体内時計は本来朝型に出来ているといわれており、ビジネスなどの成功者には朝型が多いとも言われる[要出典]。これは、朝型の人は早く起きることによって体温のピークが早く来るために比較的早く眠くなり、朝の目覚めが早くなり、午前中の方が調子の良い傾向にあるためである。

天気[編集]

夜明け前は一日でもっとも気温が下がる時間である。夜明け前に気温が低下して、空中の水蒸気凝結して水滴となり、植物などに付着したものがである。なお、植物が夜間に葉先から水を分泌する場合もある。

冬季にはこれが水とならずに氷となり、これをという。霜柱はこれらとは異なり、土中の水分が凍ったものである。

アサガオは朝に開花して、昼前にはしぼむ。紫陽花の花は六月頃の朝にしか咲かない。

気象庁の予報用語[編集]

気象庁では、混乱や誤解を避けるため、天気予報などで用いる用語を定めている。府県天気予報[注釈 1]の用語では、「」は6時から9時を指している[2][3]。ただし、「朝の最低気温」と言う時の「朝」は0時から9時までを指す[3]

また、関連する用語として「明け方」「夜明け」「早朝」が説明されている[3]。「明け方」は、府県天気予報では3時から6時(「朝」の前の時間)であり[3]、季節によって変動する「日の出」の時刻とは関連しない。一方、「夜明け」は「日の出の前の空が薄明るくなる頃」、「早朝」は「一般の人が活動を始める前。季節、地域にもよるが「夜明け」からおよそ1~2時間」と、「日の出」と関連づけて説明されている[3]

その他[編集]

  • キリスト教では、朝は一日の出来事にまだを煩わされない、心が最も鋭敏な時なのでと交わる最上の時であるとしている。キリスト教系の学校では朝の礼拝が行われる。
  • イスラム教では早朝に1日5回の礼拝の1つめであるスブフの祈りを行う。
  • 朝廷という名称は、公務を朝行ったことが起源である。
  • 十二時辰の鐘の数による呼び名では、明け六つから真昼まで、明け六つ、朝五つ、朝四つまたは昼四つ、昼九つ(真昼)と呼ぶ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般に呼ばれる「天気予報」のこと。「府県予報区」を地域ごとに細分した「一次細分区域」単位で、毎日5時、11時、17時に発表する予報である[1]

出典[編集]

  1. ^ 府県天気予報”. 気象庁. 2022年6月10日閲覧。
  2. ^ 1日の時間細分図(府県天気予報の場合)”. 2022年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e 時に関する用語”. 2022年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]